Blog いんぱるぱぶれ

想念放出

舞い上がる天使

想念放出

謎解き 想念放出

朝起きたら、体がどーんと重い。うん、これはやらなければ・・・想念放出を!

波動修正療法1年生のころ、目からウィーンと抜けて行くものを感じて、このウィーンは何ですかと、南先生に質問した。エネルギー体が修復されているんでしょうと伺って、波動修正すると、そういうことが起こるんだと驚いた。このウィーン、最近ちょっと違ってきて、引っ張られるというより、上昇気流が立ち昇るような感じになっている。

以前は体が重いと、疲れが溜まっているのかなぁ。もっとしっかり眠ろう、美味しいもの食べようと思ったけど、波動修正療法8年生にして、想念放出にトライ。

やり方としては、リーディングを受ける時のように横になって目をつむり、体全体を意思気して、エネルギー詰まりはどこだろうと、耳を澄ます。しばらくそのままでいると、大抵、両眼から気流が立ち昇る。疲れが目に出る方なので、目から抜けるものが大きいのだ。

ほかにも背中から抜けたり、腰だったりと、修復されるべきところから気流が立ち昇る。そのとき「出ていく、出ていく」と心の中で言う。言霊パワーも手伝っていいんじゃないかと思う。そして去るものは追わず。今のはなんだろう?って追いかけていると、いつまでたっても、アストラル体の堂々巡りになるから。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

波動的に見ると、我が家は遺伝的に目が弱いそうなんだけど、目が悪いって意味じゃなかった。私は遠視で良く見えていたから、目に不自由はないと思っていた。けれど頭痛がひどかったのは、眼精疲労が原因。遠視は見るとき眼球にぐっと力が入るので、じつは近くも遠くも見づらい目、眼精疲労になりやすいから、丈夫な目になりたいと思っていた。

両眼のエネルギー体の修復が進むと、遠視の右目は視力が下がり、仮性近視だった左目の視力は上がった。つまり両目のバランスがよくなって、眼精疲労の回復も早まってきたころ、目には見ること以外にも働きがある、エネルギーの流出入にかかわっていると気が付いた。それは月の凝視にトライしたときだった。

太陽凝視は、自分より高い波動を吸収して、心身のエネルギーを上げることで有名だけど、自分に太陽パワーはきつすぎる気がしていた。そうしたら月の凝視もありだと知った。そうだよね、空には太陽と月があるんだから。

遠隔治療の日、月の凝視を始めました、目を丈夫にしたくてと、南先生に報告したところ、凝視でエネルギーを得る方法もあるけれど、それで眼病になったり、失明したりする人もいると聞きますから「心の目で見る」ことを日常の中で身につける、難しいけれど、その感覚を養うことですと、アドバイスを頂いた。

そうか、そうです。大切なのは内面でした。視力は誰しも衰えていくけれど、そのとき君は何を見るのか? 目をつむりしばし考える。つむるって、瞑るって書くんだから、それは瞑想への入り口だ。想念放出も目をつむってやるし、目でエネルギー・チャージもできる。目でエネルギーを動かすって、南先生は本に書いておられたし、私は電車の空席に座るとき、ぐっと見つめて自分のエネルギーを入れてから座るのを習慣にしている。これは春水先生に教わった呪いのよけ方(異常波動を遠ざける方法)のひとつ。そこでふと、石へのエネルギー・チャージを思いついた。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

家にあったグリーン・カルサイトの色が、すっかり抜けているので気になっていた。どうしてこんなことに? たぶんこのカルサイト、我が家のストレスを引き受けて、頑張りすぎたんだと思う。 

森林浴で元気が出るように、緑には疲れを癒す波長があるわけで、癒し力ならぬ、癒し緑(りょく)、グリーン・カルサイトは人知れず、我が家で癒しのグリーン・パワーを放っていた。家人たちの死や、その看取りで、我が家のエネルギーは疲弊していたに違いないから。

石には意志があって、癒しの必要なところで力を発揮する。グリーン・パワーを使い果たして、カルサイトは色が抜けてしまった・・・こちらはそんなこと、気が付きもしなかったというのに・・・抜けた緑色はどこへ行ったのか? それは天国! そんな馬鹿な? いえいえ以下のお話*をご覧ください。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

青のボトル 仲の良い老夫婦がいた。あるとき奥さんの方が病気になって、夫を残して身罷ってしまった。母帰天の知らせを受けて、娘が嫁ぎ先から駆けつけた。「お父さん、大丈夫かしら?」すると居間で、オーラソーマのボトルを握りしめて、泣いている父を見た。ボトルの色は青だったのに、すっかり色が抜けていた。まるで今は亡き妻が、天上から私はここにいますよとメッセージしているように思われて、お父さんは男泣きに泣き、娘はあの世との不思議なつながりを感じたという。なぜなら天上の色は青いから。

*ヴィッキーウォール著『オーラソーマ―奇跡のカラーヒーリング』(OEJ Books)で読んだエピソード。だいたい、こんな筋だったと思うのですが、記憶違いによる脚色があるかもしれません・・・本がいまや手元にないので。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

いつだったか、家に帰る道すがら、空に大きな虹がかかっていた。緑の多い住宅街ではあるけれど、家の近くでこんなこともあるのかと驚いた。虹でも見ない限り、いつもは忘れているけれど、地上と天上の間を七色の光はいつも行きかっている。想念が上昇気流のように立ち昇るとき、降り注ぐ光と混ざり合い、放出された想念が空(くう)に消える。すると癒しの光が注がれて、心と体は以前より少し軽くなっている。そんな癒しの光景を目をつむって空想した。想念放出でやっぱり体は軽くなるから。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

大きな虹
大きな虹

ホントにこんくらい、大きな虹だったんだよ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. 天使のヘソ
  2. 自己治癒
  3. クマの人形
  4. 天使からの電話
  5. trick or treat
  6. glam

コメント

  1. 何だか文を書くのに、時間が掛かってしまった。今まで書いたことをまとめるかたちになったからか? 
    テーマを決めてエッセーにしたいなと、考えているもんですから、お先っぱしりみたいになったかな?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

最近の記事

  1. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  2. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  3. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
  4. petal

    2022.04.1

    花食う春
  5. かっこ悪い恋?
Banner
PAGE TOP