Blog いんぱるぱぶれ

歩き回る植物

歩き回る植物

歩き回る植物

歩き回る植物 歩き回る植物

前々から自分の身体の反応で、不思議に思っていたことがある。よく起こることで、何か嫌悪感が来ると、ふくらはぎがゾクゾクするのだ。以前、南先生から負のエネルギーは、足から入っていましたと言われて、足から?・・・はて?・・・だった。そのうち、もしかして、このゾクゾクと関係あるのかなと思ったけれど、考えはそこで止まっていた。

ヴォイニッチ手稿 このゾクゾク、ヴォイニッチ手稿を読んだら、ピンとくるところがあった。ヴォイニッチは、天上の第七世界で行われている生き物の創造現場のレポートだ。16世紀イタリアのお医者さんが、地道に描いた手稿・・・最初に載っているは、人体を稼働させるシステムを作っている植物たち。身体のパーツではなく、システム作りというのがキモ。そこにふくらはぎのポンプシステムって書いてあって、おっこれだ!と思った。

心臓だけでは、身体全体に血液を循環させる負荷が大きいので、下半身の循環に、ふくらはぎのポンプシステムが必要だという。嫌な目に遭うと心臓がドキドキするのと同じで、ふくらはぎだって嫌悪に反応してゾクゾク。ふくらはぎは第二の心臓ってこういう意味だったのかと大納得。

仙骨についても書いてあって、背骨の中を流れるシステムラインが作られている(P.32)とある。背骨のエネルギーラインを作る植物は、仙骨部分にあたる根っこで歩き回っているという。根っこが仙骨、脊椎、肋骨(葉っぱの並び方が、何となく肋骨チック)それから首、そして花の部分が脳へつながる仕組み。

第七世界の植物たちは、みんなこんな風に自分の意志で動き回っていて、植物同士でシステム作りの協力をしたり、普通におしゃべりしたり、笑ったりもするというから可愛いなぁ💖 植物には負の感情がなくて喜びしかないけれど、自分の意志で消滅することもできるという。

どうしてシステムを作るのが植物なのか? 植物はいったんひとつの意識を入れると、それを永遠に保持できるからと書いてあった。はじめにことばありきと言うけれど、はじめに意識ありきと言ったほうが、解りやすいなぁと思っちゃう。

システムを動かしているのは、意識なんだけど、それらは波動、気、エネルギー、音、ひとことで言い表す言葉が、物質界にはないそうなので、状況によって使いわけていると書いてある。物質が小さな振動する粒子でできていること、粒子を振動させているのが意識、意志だと思えば充分察しがつくもんね。

ヴォイニッチ手稿が描かれた当時、みんなが解る言葉で書かれていたら、捨てられていただろうとは、トートの言葉。第七世界の存在たちは、時が来るまで、この手稿が取っておかれるのを望んだと言う。お計らいというか、神のタイミングは絶対というか!そして今やみんなの霊性が高まって、理解できるタイミングになり、ネットの普及などで、多くの人が情報を得られる状況が整ったから、翻訳本も出た。世界を見るとなんだか大変だけど、どちらへ行くのか、まちがっちゃいけないよって言われている気がする。

関連記事一覧

  1. ヒエラルキー
  2. 潜在意識
  3. 天使の輪
  4. 眠り
  5. 月のエッセンス
  6. 足湯
2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 秘め事

    2024.06.16

    紫陽花の日
  2. 心で受ける

    2024.06.6

    心で受け取る
  3. 5月の満月

    2024.05.23

    5月の満月
  4. 悪魔の誘惑

    2024.05.8

    悪魔の誘惑
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP