Blog Bilain Guilain

今宵、新月

今宵、新月

今宵、新月

新月 今宵、新月

出ました、改善作用が。今日は新月なので、きっと来ると思っていましたが、午前中、左のあばら骨辺りがピリピリでした。遠隔治療を始めた当初、左脇ピリピリが頻繁に起こって、息をするのも痛いほどでした。以前より痛みは軽減しましたが、ピリピリのパルスが短くて痛かったので、痛みに耳を澄ませてみました。すると飲食に関する想念が浮かび上がってきて、ああ、これは祖母の介護初期のことだったなぁと、心のスキャンが始まったのです。

17日が新月です。アップしたら18日になっていました。

飲食という想念
飲食という想念

肩甲骨と仙腸関節、そして4年前ホメオパシーが起こった左膝が常に連動している

アタシ電話したかしら? 電話したわよね。アタシ電話したかしら? 電話したわよね? こんな風に2~3分置きに祖母が聞きに来るようになった日、認知とは気が付かず、いじわるしているのかと思ったのを覚えています。私が家のどこにいても、やってきて尋ねるので、ついにたまりかねて、部屋にカギをかけて祖母が来られないようにしましたが、敵もさるもので、開かないドアのハンドルをガチャガチャ、いつまでも動かしていました。恐怖でしたが、祖母自身もいたたまれない不安の中にいたんだろうと、今にして思います。

こんな状況から逃れたくて、私は自分を徹底的に甘やかすことにしました。スイーツを毎日3種類作って食べていました。完成品を買ってくることはしないで、徹底的に手作りをしました。その方が家にいるとき、気がまぎれると思われたのです。こうして徹底的にあらゆる種類のスイーツを作り続け、食べ続けた結果、もう、これいいやと、なったのです。以来、お菓子作りをぴったりやめました。そのころ、祖母はもう、みまかっていましたが、母が認知になっていました。

母は祖母が亡くなると激やせしてしまったので、なんとか太ってもらおうと、一生懸命、料理をしました。やせている人が太るのは、太った人がやせるより、大変とういうのは本当で、私ばかり太って、母は全く変わらずじまいでした。添加物を一切排除しようと、徹底的に手作りにこだわって、ヨーグルトや納豆、パンや玄米食を作り続けました。我が家は家系的に料理好きだったで、苦にはなりませんでしたし、料理は作るほどに追求できるところがあるので、食材選びにもこだわって、料理を続けましたが、母はどんどん食が細くなっていきました。

猫は死ぬ1週間前、ぴたりと食べなくなります。全く大したものです。清く潔く死んでいきます。動物は自意識がないので、本能という神様スケージュールにそって、生きて死んでいくのが判ります。人も亡くなる時、痩せて干からびて、肉体から旅立つんだと、家族の死を傍らで見送って納得しました。家族が死ぬ姿を見たことで、私の中で、化学変化が起こりました。食材を吟味して美味しく作ること、栄養バランスを考えて健康を維持すること、これらに留意して料理を続けた結果、反対側に突き抜けたのです。私は火を入れたものを食べない。体内酵素を維持するために、果物を食べることに辿り着きました。母が亡くなって、人のために料理をすることから解放されて、私はフルタリアンになりました。

あんなに食べることにこだわりを持って、日々、料理に挑んでいたことが今では嘘のようです。食べることに無関心になったのではありません。足し算の食から、引き算の食に変化したというべきでしょうか。自分が鬱だったころは、たくさん食べなければいけないと思っていて、とても太っていました。精神的に満ち足りていない何かを、食べることで埋めようとしていました。

自分の食生活がこんな風に変化したのは、出来合いのものをほとんど食べないで、自分で作ったものを食べる=料理をすることで食材に自分のエネルギーを入れることで、細胞レベルでのフィードバックがあったからだと思えます。もちろん、あともどりして大食いをしたり、絶食をしたりの紆余曲折があって、今に至っています。

家族の認知、介護、絶望、死。飲食で体を養うこと、そして人は食物だけで生きているのではないこと。あばら骨のピリピリに耳を澄ましていたら、これだけの想念が出てきました。これらに、ありがとう、さようならと、挨拶を送ったところ、ピリピリが出なくなりました。その時々の想い、欲望や絶望、悲しみや怒りが出ては抜けて行きます。こうして自分のチューニングが、宇宙の正常波動に合って行くことに想いを馳せています。

飲食と痛み
飲食と痛み

アーノルド・ベックリーンの作品に「ヴァイオリンを弾く死のいる自画像」というのがあって、初めて見たとき、これは自分が描きたかったことだと、強烈な印象を受けました。ベックリーンの自画像は絵筆を持っているんですが、たとえパロディでも同じでは恐縮なので、自分はお箸だと思いついた新月でした。

関連記事一覧

  1. 白い月
  2. ヒップ

    Hip

  3. 頭に稲妻が走る
  4. 鏡の中の私
  5. 続・忍耐は3で
  6. 海の近く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 猫子さんたちの動画

    2020.10.27

    猫子さんたち
  2. ギャラリーを作る
  3. たまご料理

    2020.10.19

    たまご語り
  4. 今宵、新月

    2020.10.18

    今宵、新月
  5. キラとピカ

    2020.10.15

    こころの整理
Banner
PAGE TOP