Blog いんぱるぱぶれ

カマキリ

窓とかまきり

カマキリ

かまきり カマキリ

手を洗ってタオルでふこうとしたら、タオルのヘリから小さなカマキリがこちらを覗いている。すごく小さな茶色のカマキリ。きっと産まれたばかりの赤ちゃんだ。赤ちゃんをつぶしちゃ悪いから、見なかったことにして、私は別のタオルのところへ歩いて行った。そういえば一階で親カマキリを見かけた。廊下の長い壁を、のこのこ伝って歩いていた。当時は庭をにしていたから、きっと生態系の保護になって、昆虫や植物の天国だったのだ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

藪を刈って普通の庭にしたら、家の中でカマキリに会わなくなった。ドウガネ(黄金虫)も見ないなぁ。とくに昆虫好きではないけれど、あの糸みたいな脚を精巧に動かして、生きて動いているんだからすごいと思う。

日常の中で出会う小動物(虫や鳥)たちは、ご先祖たちの乗り物だと春水先生から教わったので、そういうつもりで見ている。たとえばテーブルの端を褐色の小さなクモが歩いているのを見つける。「あ、大伯父さんが来た」となる。家の前の道を、憎たらしい顔した黒猫が、こっちを見ながら通って行く。「あ、あれは、おばあちゃん!」そしてカラスは母なのだ。ご先祖たちの魂は、こうして地上の見回りに来る。だからこちらも「あ、大伯父さん、アタシちゃんとやってるよ」なんて話しをする。こうしていれば、あの世とこの世のコンセントが、いつもつながっているということ。もうずっとそうしているから、コンセントはつながっていると実感。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

初夏の頃、昆虫とは印象的な出会いがある。庭に面したフランス窓で、ガラスのところに突如、異形のモノが現れた。と、思ったら?・・・ わ~!大きなカマキリだ。何してるんだろう、こんなところで? 見ていると、イッチ・ニー・イッチ・ニーと、リズムをつけてガラス窓を登って行く。虫の脚には繊毛が生えているから、滑らずによっこらよっこら登って行く。カマを振り振りリズムを取って、なんだかすごくコミカルだ。ずいぶん大きな緑のカマキリだったけど、最近は大きなトンボもカマキリも見かけなくなったなぁ。みんなどこへ行ったんだろう?

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

隣に住んでいた大伯父がフランスで描いてきた窓の絵に、あとからカマキリを描きたしたのを、カンバスからはがしたペラのまま、アトリエの壁に無造作に画鋲で貼っていた。きっと庭で見かけた大カマキリを描いたんじゃないかと、勝手に思っている。

この絵はフランスの思い出と東京暮らしのコントラストだ。カマキリは緑輝く光の中へ飛び立とうとしている。芸術と浪漫の国・仏蘭西のスピリットを見つめる大伯父の化身なのかもしれない。そこまで言うと、饒舌に過ぎる? 大伯父は物静かな人だったから、思い出の窓にカマキリを描き足して、ちょっと後悔したのかも? スーヴニール(忘れ形見)と霊感。いつも眺めていたくて、ポスターみたいに壁に貼ったのかもしれない。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ヨーロッパは緯度が高いから、太陽光が弱くて光が優しい。大伯父は曇り日が一番、光が安定していると言っていたから、窓とかまきりの絵は、そんな曇り日の白い雲をうっすら浮かべて、木々の緑もどこか銀色を帯びたように輝いている。日本の木々のように黒っぽくない。湿度の高い日本では、緑がたくさん水分を含んで、木々が黒く見えるそう。黒が水の色なんて、なかなか深いじゃないか。フランスから見れば日本は南にあるから、強い太陽光をあびてカマキリの緑はいっそう鮮やかだ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

大伯父の死後、大伯母が我が家に窓とかまきりの絵をくれたから、私は馴染みの神保町にある画材店で、額装をお願いした。若い女性フレーマーの方たちが、アイデアを出してくださって、納得の仕上がりになった。絵は旅に出たまま戻らない息子みたいなものと、大伯父は言っていたから、額装した絵は、さながらガールフレンドを連れて実家に戻ってきた息子だ。大伯父は静かな口調で彼女に言うだろう「やぁ、いらっしゃい」と。なぜだか少し、照れながら。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

窓とかまきり(部分)1930年 油彩・キャンバス

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. 夜咄
  2. 空に浮かぶ
  3. ガブリエルの歌
  4. 烏賊の目玉
  5. 雨降り
  6. 沈黙の中で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. ひよこ天使
  2. 真我
  3. 何やってるんだ?

    2021.10.5

    悪夢
  4. 満月の女

    2021.09.28

    魔性と無垢
  5. 月が見ている

    2021.09.19

    月が見ている
Banner
PAGE TOP