Blog いんぱるぱぶれ

藪

藪 

藪の中。家の庭が藪だった。これは私の心理状態そのものだった。ほとんど見ないようにして、生活していたけれど、これをいつか、もとの状態へ戻さなければいけない。これは私の責任だと思っていた。けれど、できなかった。藪は介護期間と、そのあと虚脱状態になった時期と重なっている。

藪
藪の中

いや、よく思い出してみよう。私はその前から、家の庭が嫌いだったのだ。生前、祖母から、なぜ庭仕事をしないのかと詰問されたが、強い陰の気を感じて、気分が悪くなるほどだったので、そんなところに、誰が居たいものかと反論したが、祖母には通じないだろうと、解かっていた。なぜなら、庭は祖母そのもの。私が心の中で鬱陶しいと思っていた祖母、もっと言えば、先祖たちそのものだったから。

陰の気とは、水の気だ。先祖たちは水にちなんだ苗字に誇りを持ち、曽祖父は子供たちの命名にも水にちなんだ漢字を当てていた。水の気は「情緒」に深くかかわっている。祖母の家系は文学、絵画といったマスメディア、文系の血筋で、それらが深く感情に根差しているのは周知のところ。私はこの水浸しの人々に囲まれて、生きていた。事実、庭に自生しているのは竹と羊歯ばかり、土の質がとても湿っているのだ。もう少しドライにならないものか? 私は反旗を翻した。

曽祖父が好きだったという理由から、庭には白梅と侘助が植わっていたが、毎年カイガラムシが発生する病気持ちの木々だったので、全て伐採した。風通しはよくなったけど、もともと好きじゃない夫が身なりを整えたからと言って、惚れ直したわ!なんて簡単に行くはずもなく、そのあとも庭は、放置の一途をたどった。

祖母と母を介護していた間に、庭は徐々に藪と化して行った。母の部屋が庭に面していたこともあり、私は庭と母の部屋を青髭侯の開かずの間にしていた。しかし見てはいけないものほど、気になるもの。ついに観念して、とある早朝、私は藪の中へ入って行った。竹が林立し、下生えの植物は2メートルになり、朝だというのに暗いのである。いっそ破れ提灯でもぶら下げて、これはアートだ、ということにしようかと思った。これを元に戻すには、私は木こりにならなければならないと、覚悟した。その矢先、膝を怪我して万事休す。自分でつぐなうことは諦めて、植木屋さんに電話した。

植木屋さんは三日間、奮闘した。そうして庭の面手に土が顔を出した。母の部屋の扉を開けた。そこは青髭侯の開かずの間なんかじゃなかった。目にやさしいベージュのトーンで統一した母の部屋だ。今や、不安や恐怖の藪は消え去っていた。

心の藪を祓ったので、私は活動を開始した。アジサイを植え、金木犀と南天を植えた。早朝、シュウメイギクを植えようとしたとき、竹の根につまづいて、おでこを塀に強打した。遠隔治療を受ける日だったので、南先生におでこをぶつけた由、申し出た。そういえば中学生の時、体育館でバスケットボールの試合中に、やはり同じようなぶつけ方をしていた。これってもしかして、過去の修復作用かしら? 体育館強打の時は見事にタンコブになったけれど、今回は衝撃のわりに腫れていない。南先生に申し出たの、大げさだったかしらと思った。南先生に、庭を再生中だと説明したところ、おでこをぶつけたことは、私が先祖の祓いも担っているからだと、伺った。

確かに、私の家は先祖の気に満ちている。私がおでこをぶつけた塀は、Tさんのお宅のもので、庭の背面をなしている。Tさんは母と同級生だったし、右隣りは叔父の、左隣もかつては親族の住まいで、私が今ここに住んでいるのも、こうした先人たちの暮らしがあったからだ。私が心地よく住まいながら、改革していくことがご先祖供養にもなるのですよと、南先生は話してくださった。

私は湿った庭の土地が嫌でたまらなかった。けれども湿っている土地で出来ることを考えた。アジサイは湿った土地でも花を咲かせる。私はアジサイが好きだったので、青と白のアジサイを植えた。春水先生からアジサイの祓いについて、伺ってから、日に日に色を変えていくあの丸い花に、私はいっそう興味を持つようになっていた。アジサイには神秘的な力が備わっていたのだ。スピリットたちは確かに、先祖と私を見守っていた。

関連記事一覧

  1. 家族
  2. 海の近く
  3. こっちを見てる
  4. 黒服
  5. 切れ味
  6. おとぎ話1

コメント

    • 松本 涼
    • 2020年 5月 26日

    箱庭療法を大きくした庭療法のように読みました。
    続きのアジサイを楽しみにしています。
    黒ちゃんと虎ちゃんのような絵のお二人。
    顔なじみになってきて親しみを覚えています。

    • ほんとだ、箱庭療法ですね。実践→認識→理解→治癒!
      モノホンの庭で、ちゃんとやっていたとは、オドロキ!

      アジサイが開花に向けて、小さな薄緑の花をつけています。
      このまま維持していかなくちゃ・・・。

      黒トラ♥ 可愛い!幸甚です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. glam
  2. 反復

    2021.07.15

    反復
  3. 窓とかまきり

    2021.07.13

    カマキリ
  4. 妖精殺し

    2021.07.8

    妖精殺し
  5. 左から右

    2021.07.4

    Left to Right
Banner
PAGE TOP