Blog いんぱるぱぶれ

おつち

怪我しちゃった

おつち

sam-injury おつち

「おつち」とは「お土」です。春水先生が土に「お」をつけてよんでおられたので、どうして土に「お」がつくのかと、質問しました。当時は土がいかに尊いものであるかを、よく解っていなかったのです。

4年前になります。お盆休みの終わるころ、左膝の古傷をぶり返すように、怪我をしました。南先生に怪我をした旨メールして、3日~4日、続けて遠隔治療をお願いしました。痛みは不思議なほどなかったのですが、体中がロックして、身動きがままなりません。自然のギプス作用が働いているのだと、南先生に教えて頂き、とても納得したのを覚えています。いつもは7分位の道のりを15分かかって、仕事に出かけました。仙骨の調整を始めてから、ぎっくり腰とか、関節通とか、改善作用が出ることは度々ありますが、動けなくなったことは、一度もありません。とにかくヘロヘロでも動けるのです。これはありがたいことでした。

このときも、自然ギプスの体で、雨傘を杖がわりにして、ヘコヘコと住宅街の舗装道路を歩きました。驚いたことに、日ごろは全く気にならないアスファルトのちょっとした凸凹が、ひどく身体にこたえました。そして神社の境内を通ったときでした。土の上を歩くと、なんと脚がほっとしたことでしょう。脚ばかりではなく、全身ほっとして、土ってこんなにありがたいものだったんだと、気が付きました。

春水先生はおっしゃっていました。土がなければ、どこへも歩いていけませんね。種が成長することもできませんねと。当時は「それがどうした?」と言う感じでした。自分が弱くなってみないと、尊いお力に気付けないんだなぁと、この時はしばし、うなだれました。

自然のギプスがほどけ始めた頃、季節は夏から秋になっていました。我が家のぐるりは土なので、草むらで鈴虫が鳴くのが聞こえました。電気を消して、音楽を消して、かそけき鈴の音に耳を澄ますと、わが身の中で、おき火のようにくすぶっていた怒りや攻撃性が、溶けていくのが判りました。

南先生から、怪我と言うのは負の感情が頂点に達したとき、起きるものですよと、教えて頂きました。介護と職場で闘う毎日を過ごした私の心は、怒りと恨みで飽和状態だったのです。(母はすでになく、職場の先輩もとっくに退社していたのに・・・)怪我をした直後、ベッドに腰かけて膝をさすりながら「マリア、マリア」と繰りかえしていたのを思い出します。平和な気持ちを自分の奥底では、求めていたのに、怒りと恨みの感情にしがみついたままだったので、ついに爆発が起こったのでした。

土の中に草が根を伸ばす。鈴虫の卵がかえる。草むらでは静かに「お土」のことほぎが謡われて、私の心と体の怪我は「お土」の歌で癒されていったのでした。

ガブリエルの歌に続いて、お土の歌でした。

関連記事一覧

  1. 箱に入れる
  2. 笑う
  3. ヒップ

    Hip

  4. ひよこ天使
  5. 剥がれ落ちる猫

  6. ろうそく

コメント

  1. アバター
    • 松本涼
    • 2020年 2月 20日

    種は土の中を地上に向かって歩き、セミは土の中から地上まで歩いていって羽化している。土の中が通路であると考えたことはこれまでなかったです。学ばせてくれて感謝です。

    • 玉野 モニカ

      冬のさなか、霜柱が立ったあとの地面がひび割れて、
      土がミルフィーユの皮みたいにめくれますが、
      その土の下で、いろんな営みが進んでいるんでしょうね?
      涼さんの感性こそ、繊細。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 夢の活用

    2020.12.1

    夢の活用
  2. 目を閉じて
  3. 三つの体
  4. 恐怖と不安
  5. ハーブティーとプロポリス
Banner
PAGE TOP