Blog いんぱるぱぶれ

山頂より

やばい!

山頂より

やばい! 山頂より

久しぶりに春水先生のお声を聞いた。先生は某霊山の山頂に行かれたそう。山頂には、山の神様と思しきご存在がいらっしゃったのが、感じられたとのこと。古代神道では山をまるごと、ご神体としていたんだから、きっとそうなんだろうなぁと・・・。

春水先生のHP リニューアル! 動画でお声が聴けます。

お話を聞いていたら、山の上から見晴るかす壮大な眺めが見えるようで、これぞ春水パワー! こちらもなんだか元気になりました。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

山頂を夢想していたら、思い浮かんだ象徴派の画!

クノップフ先生の眠れるメデューサ。

眠れるメデューサ

メデューサと言えば、髪が蛇の怪物と思いきや、そこはクノップフ先生、目を閉じた女性の横顔をした鳥。きっと孤高の象徴です。子供頃、おばあちゃんから「孤高を保ちなさい」と、言われたものです。独り高くある。う~ん強くならなくちゃねぇ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

さて、このところ本ばかり読んでいて、画文がお留守に。今、読んでるのは『太陽凝視を行っている鍼灸師の話』という本。アリス・ベイリーやローム大霊、日月神示にご興味のある方、ご存じかもしれません。感情(喜怒哀楽のエネルギー)が、内蔵を発達させる。とか、紫の光線が浄化の作用をもっているのは尊いご存在が、紫や金、銀に、そういう波動を持たせるように作ったいきさつなど、書かれていて、そういうわけだったのかと認識を刷新。どうしてそうなんだろう?って思っていると、ふと謎が解ける時がくるから面白い。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

そしてワタシメ、長らく左仙腸関節の不具合を抱えてきたところ、最近ずんずん痛みが出たりして、回復速度があがっているとの南先生のお話。回復エネルギーを集めるために、痛みが出るんだと、自己観察を続行中。痛くっても、ゾクゾクしても、口から何だか冷たい息吹が出て行ったりしたけど、あわてない。溜め込んだ負のエネルギーが、抜けて行くところって、自分に言う。ホントにそうだから。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

それにもうすぐ終わる我が天中殺、そして日常も変化していく。世の中も年の瀬に突入、地球という大きな生命体も、雨風が吹いて、空が動き、地中も動き、不動と見える山も、きっと中では変化している。目に見えないけれど、変わって行く諸々を感知する感性。感性が知性に訴えて、知恵となり、人は高みを目指して行く・・・。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

山頂を流れる雲の絵を描きたかったけど、AdobeのPhotoshop、まだWindows11に対応していなかったのにアップデートしたら、画面がエラーを起こして描けない・・・弱っていたら、描いたままアップしていなかったGIFを発見。画面編集はできたので、動画が完成。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

降り立つ人

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ずいぶん前に描いた黒い服の兄弟たちのひとり。自分はもう黒い服を着なくなったけど、黒は色というより親友だったなぁ。

関連記事一覧

  1. 前を向いて
  2. ひみつ
  3. 独楽あそび
  4. アストラル体・中
  5. 森をかける松明
  6. 仙骨の中の過去

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 赤くなる

    2021.11.24

    その瞬間・1
  2. やばい!

    2021.11.8

    山頂より
  3. ひよこ天使
  4. 真我
  5. 何やってるんだ?

    2021.10.5

    悪夢
Banner
PAGE TOP