Blog いんぱるぱぶれ

霊界にて

霊界にて

霊界にて

ふたつめの夢は、まるで映画を観ているようにビジュアルだった。だだっ広い空間に、小さな黒い入り口が開いていて、そこにターコイズブルーのリムジンが静かに滑りこんでくる。長い車体の中にはゴージャスな棺桶が入っている。え、これは霊柩車なのかと見ていると、棺桶に横たわっていたのは、花に埋もれ、若返って艶々としたした裸の祖母だった。どういうことかと思っていると、棺桶は黒い小さな間口から、建物の中に運び込まれて行く。何が起こっているのかと、あとを追えば、中では祝宴が張られている。白いテーブルクロス、ブーケ、輝くグラス、豪華なテーブルセッティングの上には、ご馳走然として祖母が皿に盛られて湯気を立てている。いったいこれは何事かと頭にきて、建物から飛び出してみたけれど、気になって戻ってみると、テーブルの上に祖母の姿はない。食べられた形跡もないけれど、そこに集っている人々に知人らしき人はいない。すると後ろから、怒った顔の祖母がやってきた。物凄い形相なので怖くなり、私は再び建物の外へ逃げ出した。祖母は追いかけてくる。私は逃げる。恐怖の中で思う。こんなのは何かの茶番だ。ついに私は大声で怒鳴った。「あなたは、死んだはずだ!」自分の声で目が覚めた。

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

今なら、事の次第がよく解る。祖母は私を心配していたのだ。生前から私は彼女の気づかいを鬱陶しいと、感じていたけれど、本当はとても頼りにしていた。祖母の死、無能な母、忙しさに追われて自分の自由が八方ふさがりな毎日に、心は萎えて、途方に暮れていた。祖母はそんな私の状況を、あの世から、見かねていたのだった。

関連記事一覧

  1. 瞑想
  2. 天国への直通電話
  3. 光と影
  4. 夢のはざま
  5. Ma Mort
  6. 月が見ている
2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. そこに愛が!

    2022.12.1

    そこに愛が!
  2. Oh!スピリット
  3. winking
  4. 本当はやりたくないこと
  5. きいろ金色

    2022.09.26

    きいろ金色
Banner
PAGE TOP