Blog いんぱるぱぶれ

ルーヴル

ルーブル

ルーヴル

ルーヴル
ルーヴル

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

行かないつもりだったのに、ジェラールの「アモールとプシュケ」が、やっぱり観たいなぁと、最終土曜日に、ルーヴル展へと出かけました。着いたとたん、後悔しました。やっぱりアタシ、メジャーな展覧会向きの人間じゃないのよ・・・入場待つこと45分、立ちんぼが苦手な私は貧血気味になり、こりゃヤバイなぁ・・・案の定、入ったとたん入り口付近で意味不明に転倒。「大丈夫ですか?」と、美大生とおぼしき女性の驚いた顔を見たこちらも、足をけとばしませんでしたか?いいえ、との言葉にひと安心。誰かの足につまずいたのかと思ったんだけど、どうも違った、ひとりゴケ。起き上がったところ、警備員の方が胸に手をあてながら「何かありましたら、お申しつけ下さい」と声をかけてくださり、びっくり。だけど皆さんご親切! ありがとうございますと言って会場入り。思わず「はずかしい!」とひと声が出て、自分リセット。膝をけがしなかったのは、守護霊さんのお守りだったか? ふんわりゆっくりコケたのを覚えています。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

照明を落とした会場には、絵が好きな者同士、どこかフレンドリーな礼儀正しさがありました。プシュケはどこかと進んで行くと、おっ? 話題のフラゴナールの「閂」がありました。 女性を手籠めにしようとしているこんな絵を、世の中じゅうで面白がって、なんだか癪に触るなぁと、ヘソをまげていたんですが、実際に見ると、あら不思議、笑いがこみあげてきました。ひょうきんな感じさえして、声を立てて笑いました。二度三度、角度を変えて眺めたけれど、そのつど笑ってしまった。馬鹿にしてじゃありません。愉快だったんです。やっぱり名人芸って面白いんだ💖 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

「アモールとプシュケ」のほか「パオロとフランチェスカ」も来ていた! 有名どころのほかは、適当にいなされてる作品選び・・・ルーヴルには愛がある・・・なんかちょっと馬鹿にされてるような気もしたけど、コレクションの厚みが桁違いなのは身に沁みたし、何百年も前に描かれた実物を見られるのは、ありがたいことでした。

会場ではみんな、ケータイでパシャパシャやってて時代だなぁと。我が家にはバブルのころ、小学館が出版したLOUVREの画集があって、実物を見ながら、あの画集のすごさを再認識。日中の自然光の中で、緻密な色合わせをPC制御で行っていたそう。当時は最先端だったんでしょう、コンピューター使いって。撮影にあたったイタリア人写真家が、小学館LOUVREのためだけに、アトリエを借りたという情熱の仕事ぶり、素晴らしいポジフィルムがあるに違いなく、ミュージアム・ショップで売られている複製画や絵はがきの出来ばえも、正確な色出しとハイクオリティなのが目に見えていました。ショップのレジも順番待ちの長蛇の列、美術館はまるで欲望の坩堝(るつぼ)! 私は実物を見た印象を保ちたくて、カタログは買わない方なので、行列の傍らを通り過ぎて、もう転ばずに家に帰ろうと、のこのこと帰路についたのでした。

今もジェラールの描いたプシュケの肌色の光が目の底で輝いています。しげしげ眺めたのは、プシュケの足もとの下草だったんだけど・・・クローバーとか野イチゴに見えた。ちょっとうちの庭に似てるなぁと、悦に入ったりして。草には薬効があって楽しいですよ。

そんなこんなで、やっぱり「閂」をモチーフに遊んでしまいました。女性を手籠めにするのが笑えるんじゃなくて、こういう誘惑と欲望のシーンをどこかユーモラスに描き出せるのって、おおらかな感性なんだろうなぁ、だから笑っていいんだ。トゲトゲすることないよね。フラゴナールはブーシェに弟子入りして腕を磨いたそうだから、お色気とユーモアのカップリングが得意だったのも当然でした。天才たちの息吹に触れて、我がいんぱるぱぶれな時間も充実中。

これ、隠し扉だよね。ドアっていうより壁だもん。おふざけな二人デシタ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ワタクシ、オオヤケニハ「ルーブル」ト、ヒョウキスルノカト、オモッテオリマシタ。チケットミタラ、アラ? チガッタ・・・トイウワケデ、シツレイシテオリマシタ。

関連記事一覧

  1. 贅沢な時間
  2. 謹賀新年
  3. 白の守護天使
  4. 愛の部屋2
  5. パステル
  6. 魂が欲しい!
2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. ハイゴ
  2. 愛と調和
  3. 歩き回る植物

    2024.01.4

    歩き回る植物
  4. 火を噴く
  5. クリスマスおめでとう!
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP