Blog いんぱるぱぶれ

贅沢な時間

贅沢な時間

贅沢な時間

贅沢な時間 贅沢な時間

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

最近、何だか作画がいい加減になってるなーと反省した。以前に勝るものが描けていない。パステル画からフォトショ画に切り替えて、慣れてきたせいか? 要領よく描けるようになってきたからか? そこが危険なのである。せっかく締め切りのない、贅沢な時間に恵まれているんだから、もっと心豊かに追及の道を歩まなければ・・・。

締め切りに追われる生活をしていた時は、こんなことは考えなかった。自分の自由になる時間などないから、考えられないと言った方が本当だ。だから、すごく考えたかった。全てから離れて、考える時間を持ちたかった。ある時、全てを失って、そうなった。そうして考えていたら、10年経っていた。10年間、ほとんど何も描けなかったことに唖然とした。再び描き始めようとした時、嫌で嫌で吐き気さえしたのを覚えている。だから、自分の中にあった嫌悪と向き合うために、長らく費やしなければならなかった。自分の中にあった嫌悪とは何だったろう? 今では虚栄心だったと思える。

今や、気に入らない絵をボツにしたら、締め切りに間に合わないから、我慢しようなんてことはないんだし、リベンジだって可能になった。お金のためにあくせく描かなくてもいい。自由は自分にとって、すごい贅沢だ。

尊敬する象徴派の画家たち、天才たちの後ろ姿から、人は最晩年、目が見えなくなるんだと解かる。もちろん、日常を営むくらいの視力はのこっているんだけど、幻視者として、描き切る視力・気力は失ってしまう。だから力のある内に見ておきたい。もしかしたら、幻視者たちの晩年、その心の中では、目が見えているころより、美しいものを見ているのかも知れないけど。

異界のヴィジョンが幻視者を訪れる。ある日、ある時、思いがけず。問題は、そのとき君は耐えられるか?なのだ。

あ、なんかすごく、大上段振りかぶりになっちゃって、恥ずかしいなぁ。ただもっと真剣に描こうと、自分に言い聞かせたかっただけ、なんだけど。

恥ずかしい
恥ずかしい

関連記事一覧

  1. みろく
  2. 腕をくるくる回す
  3. 大きな虹

  4. 涙の谷
  5. 怪我しちゃった
  6. 紫陽花断想
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. Oh!スピリット
  2. winking
  3. 本当はやりたくないこと
  4. きいろ金色

    2022.09.26

    きいろ金色
  5. 消える時
Banner
PAGE TOP