Blog Bilain Guilain

薔薇色の月

薔薇色の月

薔薇色の月

ばら色の満月 薔薇色の月

祖母が亡くなって15年、母が亡くなって5年の月日が経った。そのままにしていたけれど、住まい方を変える時が来た。彼女たちは料理が好きだったので、大事に使っていた鍋窯がある。自分も料理好きだったけれど、フルタリアンになったので、火を入れたものをほとんど食べなくなった。果物は生で食べるので、切り方が重要になってくる。それが料理といえば料理なんだけど、家人たちの人生とは、ずいぶん違うことになった。だから諸々を整理することにした。

昨日は満月だったけれど、小雨で見えなかった。そこで思い出したのが、祖母が亡くなって初めての満月のこと。当時、個展の最中で、生前の祖母を知る方たちが個展会場に、ねぎらうように来てくださった。思い出話に花が咲き、文字通り故人を偲ぶひと時となった。本当に感謝した。お寂しくなりましたねと、贈り物やお便りを頂いて、みなさんの、心からの慰めが身に染みた。おばあちゃんのことを想ってくださっているのが、痛いほど判った。

個展会場からの帰り道、UFOを見たあの広い空の一本道に出た。どーんと正面に大満月が出て、薔薇色の光を放っている。月の光が薔薇色に見えるなんて不思議に思ったけれど、きっとこれ、あの世からのプレゼントだ。言葉でもなく、品物でもなく、心の中に直接、注ぎ込まれるもの。今、目の前で薔薇色の光を放っている月の光。私の心に直接、注がれたもの、この薔薇色の月の光が象徴しているもの。私はそういうものを祖母の死によって得たので、喪失感がなかった。これが本当の慰めだった。

UFO
UFO

今や、いい思い出になりました。母が亡くなってすぐの満月は、うっすらオレンジの光輪を帯びていました。肉体から解放されて、喜びさんさんの母らしい満月でした。

関連記事一覧

  1. ろうそくの明かり
  2. ゴキはエイリアンではない
  3. 水晶
  4. 霊界にて
  5. アジサイ
  6. practice

コメント

  1. アバター
    • 松本 涼
    • 2020年 6月 13日

    月の光に亡き家族を感じる。
    あの世とこの世のつながりを探求し続けるモニカさんならの発見、観察と思いました。
    安らかな印象があり、読んでいて楽になりました。ありがとうございます。

    • 玉野 モニカ

      月は地球の母らしいので、人の喜怒哀楽について
      包み込んでくれる波動があるんでしょうね。
      物質的なことより、精神的なことの方が、通じやすい。
      自分もそんな印象でした。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 理解
  2. クマの人形

    2020.09.24

    気にしない
  3. 空に浮かぶ
  4. Gloire du matin bleu

    2020.09.20

    朝の栄光
  5. 鳩の声

    2020.09.17

    鳩の声
Banner
PAGE TOP