Blog いんぱるぱぶれ

Bilain Guilain

愛の煙草をふかしているギラン

Bilain Guilain

悪魔の顔をした友人

ビランとは糜爛のこと、ギランは名前である。 両手の皮膚を手袋をとるように脱ぎ去ってしまえたら? そんな幻想を抱くほど、10年間、両手の糜爛(皮膚炎)に苦しんできた。絶え間なしのヒリヒリから逃れたくて、日常の中、さまざまな緩和、沈静、治癒を試みた。塩もみ、石鹼抜き、断食、瞑想、エトセトラ。そして今や、私の生活は変わった。糜爛、この悪魔の顔をした友人は、そのじつ、人生を変える師匠だったので、ビランギランと名付けて、振り返ってみたい。治し方How-toじゃない皮膚炎エッセーだけど、結果として根治に至るドキュメンタリーになりそう 。このビランギラン、炎症は小範囲になったものの、いまだ現在進行形なのである。

関連記事一覧

  1. アストラル体・小
  2. パラパラと皮膚の粉が降る
  3. アカギレの観察
  4. 点状の傷がつながる
  5. ビランの経過観察
  6. 仙骨はここ

コメント

    • 松本涼
    • 2019年 11月 11日

    びらんを通してしか見えない世界をモニカさんがどのように言葉にするか期待しています。

  1. コメントありがとうございます。びらんのことは書いておきたかったので、糸口が見つかって励んでおります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. glam
  2. 反復

    2021.07.15

    反復
  3. 窓とかまきり

    2021.07.13

    カマキリ
  4. 妖精殺し

    2021.07.8

    妖精殺し
  5. 左から右

    2021.07.4

    Left to Right
Banner
PAGE TOP