Blog Bilain Guilain

前を向いて

前を向いて

前を向いて

前を向いて 前を向いて

過去に無理をしていたことを今、修復している。Bilain Guilainの教えは、結局ここに集結している。これは遠隔治療のあと、南先生からよく言われることだ。

以前、右肘をぶつけては、ひどくジーンとする痛みを覚えていた。このジーンがひどく骨身にしみる上、何度も何度も起こるので、これは予兆だろうか? 我が家はリウマチの気があるから、今に自分も関節の変形に見舞われるのだろうかと、取り越し苦労をしていた。するとあるとき、今度は左肘がピリピリし始めた。何だか不気味になって、南先生に質問したら、遠い遠い過去に無理をしたこと(使い過ぎ)を今、修復しているんですよ、とのことだった。自覚がなくても細胞は覚えている。仙骨のエーテル球には、魂の経験が記憶されていることを、改めて思い返す。

人は前を向くようにできている。なぜなら目が正面についているからと、南先生は書いておられた。かたや馬は、頭の両サイドに大きな目が出っ張っているから、正面向きに立ったまま、ほぼ360度、見渡せるというから、同じ生き物でもずいぶん違う。このことから、人間が前を見るというのは、物理的な意味ばかりではないと想像できる。前とは未来でもあるだろう。

しかし、ここで注意が必要だ。というのは鬱だったとき、いったい自分はこの先どうなるんだと、いくら考えても解らないことに、すっかりとらわれていたからだ。自分が将来どうなるのか判れば、そこを目指して、そのために必要な行動を取れるのに、さっぱり判らないから、どうしていいか判らない。と、未来について、大真面目に思い詰めて、人生が金縛り状態だったのだ。この金縛りが解けたのは、そうか、アタシって「今、ここに居ない」んだと、気が付いたからだった。

自分が「ここ」にいない。波長が狂っているときって、こうなのだ。そこで、自分に言い聞かせた。「今ここのことを、きちんとやっていれば、ちゃんと次へ繋がって行く」と。先の方へ視線を向けないようにして「自分は今、ここに居る。はい、今やるべきことは?」と、常に問い続けた。こうして少しずつ金縛りを脱出して、行動し始めたのだった。自分で気が付く。これは波動が整うプロセスでもある。

以前より波動が整ってきたならば、何をするにも、迷わずに、的確な行動がとれるのか? たぶん、そうなるんだと思うけど、今のところ、私は、そこまで行っていない。ただ、以前より迷わなくなったし、方向性の判断はできるようになった。もちろん間違えるし、おろおろする。でも気にしない。気に病まない。だから金縛りにならないで、次の行動に出られる。前を向いて、また歩き始めるのだ。

Facing forward
Facing forward

関連記事一覧

  1. 明滅する月灯り
  2. アストラル体・中
  3. 細胞のやること
  4. 眠り
  5. 太陽光線
  6. 怪我しちゃった

コメント

  1. アバター
    • 松本 涼
    • 2020年 9月 05日

    平均台の上を歩く時のように、今この時をみつめて歩くモニカさんに幸あれ。

    • 玉野 モニカ

      そうでした! 
      平均台の上って足元見てたらかえって進まないの。
      涼さん、運動神経いいから、言い方も上手い。
      時として危うく落ちそうなモニカですが、
      バランス感覚を磨く!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

最近の記事

  1. クマの人形

    2020.09.24

    気にしない
  2. 空に浮かぶ
  3. Gloire du matin bleu

    2020.09.20

    朝の栄光
  4. 鳩の声

    2020.09.17

    鳩の声
  5. 死都
Banner
PAGE TOP