Blog いんぱるぱぶれ

スズメバチの巣

スズメバチの巣

スズメバチの巣

スズメバチの巣

6月3度目の紫陽花の日のこと、玄関先の茂りすぎた木を剪定するために、植木さんをお願いして、サザンカ、ヒイラギモドキをきれいに散髪。すごいボウボウ頭だったのが、小ざっぱりした。

木々の枝が密になって涼しいワイと、喜んでいたけれど、茂りすぎた枝の中には、なんと!ソフトボール大のスズメバチの巣が隠れていた。威勢のいい植木屋の若ダンナの話によると、今の時期はたくさん餌があるので、スズメバチたちは大人しいけれど、秋口になって餌が減ってくるとイライラして、寄らば切るぞの勢いで攻撃してくるそう「ぼくたち、よく刺されるんですよ」と。撃退スプレー蜂ジェットを吹きかけて、中から20匹くらいのハチが飛び去って行ったそう。追い出されても「戻りバチ」といって、戻って来るのがいるけれど、巣がなければ諦めて来なくなるんだとか。

ソフトボール大のスズメバチの巣は、うっすらとマーブル模様を描いて立派だった。縁起物と言われるのも判るこの堅牢さ、危険と裏腹の縁起物とは?「鬼は内!福は外!」と、逆に唱えた孤独なお爺さんの家へ、豆まきで追い出された鬼たちがドヤドヤとやってきて、囲炉裏に当たらしてくれたお礼にと、お宝とご馳走を持ってきて、お爺さんと鬼たちの宴となり、来年もまた来るよで(家族に先立たれて)孤独だったお爺さんの心に灯がともった。こんな昔話もあったから、スズメバチも鬼たち同様、通例を離れて捉えてみると、スピリットたちの声が聞こえて来そう。

戻り蜂

 戻りバチ一匹、来た。

もう来ないよ。

関連記事一覧

  1. 夢の活用
  2. 人魚姫
  3. 死と思い出
  4. パステル
  5. 空に浮かぶ
  6. 紫色の消毒

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 卵のヒビ

    2024.07.7

    卵のヒビ
  2. スズメバチの巣
  3. 紫陽花の日

    2024.06.16

    紫陽花の日
  4. 心で受ける

    2024.06.6

    心で受け取る
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP