Blog いんぱるぱぶれ

運命が再び母の胎に入る時

winking

運命が再び母の胎に入る時

winking2 運命が再び母の胎に入る時

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

大工さんと話をしていて、ふと庭を見下ろした。すると祖母がとてもこわい顔をしてこちらを見ている。彼女は花咲くピンクとブルーのアジサイの間に立っていた。という夢を見た。

おばあちゃんがこわい顔をしてた! これは警告だ。目下、方向転換しようとしていることが、きっと違うのだ。ピンクとブルーのアジサイは、人間関係の人気の上昇と降下を表している。私はその間で揺れ動いている。給料取りの職場を近所に変えようとしていたんだけど・・・大工さんが一緒にいたのは、生活の立て直しというアイデアゆえ・・・夢が何を語っているのか?正しく理解しなければ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

「生まれ月の前後いち二か月は、運勢がもう一度お母さんのおなかに入るんだよ」と教えてくださった運勢学のY先生の言葉どおり、いまの私は母の胎に戻って考え中だ。9月、10月、11月・・・去年も11月に変化が訪れていた。あのときは宇宙船の夢を見た。光り輝く宇宙船だったけど、新聞記事のように白黒だった。白黒の夢は意味がストレートではない。宇宙船の訪れは変化ではあったが、望ましいものではなかった。夢は潜在意識の声だから、これから「やってくること」を告げている。夢判断は正確にとらえるのが難しいので、当たる当たらないといわれるけれど、夢は潜在意識、つまり直感の領域から来るんだから、当たっているに決まっていて、来るものを避けることはできない。「さあ、理解してごらん」が、やってくるのだ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

さて今回は、何を理解しなければならないのか? 間もなくサジェスチョンが来た。それはアストラル・レベルの問題を振り返ることから始まった。

私の人生は、嫌いな家族と共に生きるところから始まった。これは生まれる前に、自分で選んだことだと今や理解している。「子供は親を選べない」という定説は、自分の人生には当てはまらない。ここを立脚点にすると「嫌な事はそのうち通り過ぎる」とか「嫌な奴はぶちのめしてやれ」とか「なんとか避けて通りたい」とか、復讐や回避を考えるのは本筋ではなかった。もっと理解を進めると、これがアストラルからメンタル・レベルへの移行へ通じていた。具体的にどういうことかといえば・・・?

なぜか出会ってしまう嫌いなタイプの奴とか、嫌な出来事に、以前ほど腹が立たなくなった。どうしてか? どうせ自分の人生はこうなんだからと、諦めたからじゃない。いけ好かない人物、うんざりする出来事、それらは人生の中で、ほんのいっときの出来事にすぎなかった。通り過ぎてしまえば(必ず通り過ぎて行く)その後の自分に何も及ぼさないと、解かったから。

この世でいちばん濃い関係と思われる血族。あんな奴が親だなんて!と日々嘆いて生きていたとしても、それは独り相撲にすぎなかった。本当に切っても切れない関係なのは自分、自分と魂の関係だ。真我と自分、神と自分、宇宙と自分。この方がずっと重い。いっときの不快事なんて、風が吹けば飛んで行くほど軽い。この軽いものが、魂に何ごとかを及ぼすなんてなかったのだ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

「ブタを殴る」で出会った女性は、祖母のシャドウだった。祖母が死んだ後も、彼女との問題をクリアできていなかったので出会ったのだと、今では思っている。ブタで学んだことは、その女性と祖母は身びいきが激しくて、自分が気に食わない奴は徹底的に排除しようとすること。これ、自分にも大いに当てはまる悪いクセだ。ガ~ン!これが「お前、まだ解らないのか?」の神の一撃だった。

今の職場には、私を嫌っている女性がいる。「アタシは(結婚)二度目、ダンナは三度目」と、言った人だ。母と同じおとめ座の生まれで、誕生日も一日違いなので、へぇ~って感じだった。私が母を嫌っていたので、今度は私が嫌われる番、身近な人から嫌われるとはどういうことか、体験している。職場に私をスカウトしたのは彼女だったから、彼女の側にも、きっと因縁めいたものがあるのだろうと思う。今回、私はこの憎まれ女から離れようと、転職を試みたのに、どうも違った。南先生おっしゃるところの方向性、それがどうも見当違いだったみたいで。物事は本当の理解ができた時、清らかに流れていく。本当の理解とは受け入れることだ。

セピア 受け入れることについて、ローム大霊が聖女から聞いた話がある。聖女は、地上で修道女をしていた人だった。神を慕う美しい女性で、夜遅くまでお御堂で祈りを捧げたあと、自室へ戻るべく外へ出たところ、暴漢に襲われて貞操を奪われてしまう。彼女は神へ捧げた純潔を失って絶望し、自死を遂げる。そしてあの世での修業が始まった。あるとき天使が彼女に質問した。「あなたは地上で、結婚していましたか?」「いいえ」「それでは、修行をお続けなさい」彼女は来る日も来る日も修行に励む。するとまた天使がやってきて質問した。「あなたは地上で、結婚していましたか?」「はい、私の夫はあの男です」彼女が答えると天使が言った。「あなたは偉くなったから、もうここにいる必要はありません」そうして彼女は、上の天上へ進んで行った。聖女は神を愛する人だったので、自分を襲った男に対して恨みの念を抱いていなかった。ここが俗人より彼女が先んじていたところ。一方、彼女を襲った男は、彼女が自死したことを知ると自責の念に駆られて、彼女を襲ったその場所で、みずから命を絶ってしまった。彼は地縛霊となり、その場所には怨念がこもって、通る人を苦しめるようになった。それを見ていた天使が聖女たる彼女に言う。「彼を迎えに行っておあげなさい」と。彼女は男を迎えに行って、彼が無事に帰天すると、地上の怨念も消えた。愛は許し、受け入れる。そして暴力の根底にあるのは、過剰な性的エネルギーであるという。聖女を襲った男の根底にあったのも、じつは愛だったのだ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

セピア色の化石となって頂きました・・・なぜか思い浮かんだミケランジェロ風

愛ゆえにって解っていたんだよね。わがことの苦しみも、彼の苦しみも・・・

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

理解が進むと、負のエネルギーは軽くなって、風の中に消えていく。風とは日々の流れ。人生は流れて行く。死んだって流れて行く。おばあちゃんがこわい顔して夢に出てきたのも、あの世とこの世で、修行が続いているからだもんね。

winking

関連記事一覧

  1. 天と地
  2. 夢の中で
  3. Merci!
  4. 黒服
  5. 瞑想
  6. 薔薇色の月
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. Oh!スピリット
  2. winking
  3. 本当はやりたくないこと
  4. きいろ金色

    2022.09.26

    きいろ金色
  5. 消える時
Banner
PAGE TOP