Blog いんぱるぱぶれ

おお、スピリット!

Oh!スピリット

おお、スピリット!

Oh!スピリット おお、スピリット!

びっくりした! 夜、手洗いのスリッパを履こうとしたら指先に異物感・・・スリッパの奥を覗くと丸まったプラスチック片? こんなところにゴミが入るなんて、スリッパを逆さにすると、落ちてきたのは、ひゃ~ヤモリ!私の足の上で態勢を整えようともがいている。アンタもよっぽどびっくりしたんだね。姿が見えなくなるまで待つこと数秒。そういえば数日前、手洗いの窓にヤモリがとまってた。足に残るヤモリの感触。これは何かあるぞ。ちょっと怖くなって、しばらく二階の手洗いに入るのをやめた。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

一晩寝たらヤモリのことなんか忘れていた。それでいつも通り、起き抜けに手洗いのドアを開けたら、あっ睨んでいる!黒々と目をむいてこちらを! ヤモリの目ってこんなに大きかったっけ? ポチっと小さな目のハズが爛々とこちらに迫ってくる。まだいたんだねぇ、窓のところに・・・どぎまぎしながらドアを閉める。あの黒目玉!残像を振り払う。

ヤモリ ああ、私は先が見通せず、迷いの中にいた。10月いっぱい悶々と。見かねたあの世の守護霊団が通信しようと、あの手この手。こちらは的はずれのまま、彼らをヤキモキさせていたのだ。そしてついにヤモリが使者として、私に触れた。判っていた。あの世から通信が届いていることは。カラスはカーカー、クモはチョロチョロ、飛んでくる鳥や昆虫、通りすがりの猫や爬虫類、こういう日常の中で出くわす小さな生き物たちは私にとって、あの世からのメッセンジャーだ。鳥は水先案内人と春水先生が教えてくださったので、メッセージの訪れには注意しているんだけど、今回は彼らの趣旨を完全に取り違えていた。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

スピリット! 母の胎にもう一度入ったわが運命、すったもんだの連続だったけれど、嫌な事とは縁が切れて、助け船がきて、望んだ職場に転職できたんだから、新しい岸辺に辿り着いたと言える。おばあちゃんは夢の中で怖い顔をしていたし、ヤモリも来たし、あの世で修行しているご先祖たちは、カラスやクモやヤモリに想いを乗せて、私の勘違いを正そうとした。スピリットたちは、こうして日常の中で働いている。こちらがメッセージを取り違えるのは、自分の直感を信じたつもりで疑っているから。

自分は直感を信じて、直感力を鍛えてきたつもりだったけど、まだまだであった・・・学びは続くよ、どこまでも。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. 魂が欲しい!
  2. 消える時
  3. 20年の自殺
  4. シェル
  5. 女装男装
  6. 涙の谷2
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 闇を聴く

    2024.03.27

    闇を聴く
  2. 前世の修復

    2024.03.5

    前世の修復
  3. トルマリン湯

    2024.02.24

    トルマリン湯
  4. ハイゴ
  5. 愛と調和
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP