Blog いんぱるぱぶれ

死と乙女・その1

Ma Mort

死と乙女・その1

sam-mort死と乙女・その1

象徴派ファンの私ですが、今回はロマン派で行ってみたいと思います。「死と乙女」であります。絵画でも音楽でも、瑞々しい若い女性と骸骨の風貌をした死のコントラストが、興味深く描かれています。

私の死

死に出会っておののく乙女に、罰を与えに来たのではありません。乱暴もしません。私はあなたの友人です。さぁ、手を差し伸べて、私の腕の中でゆっくり眠りなさいと、死が語りかける素敵なシューベルトの歌があります。こんな風に言われたら、喜んでついて行っちゃうと思うのですが、こういう人は振られっぱなし。人生の卒業証書は、思うほどたやすくもらえるものじゃないと判ったのは、絶望して病気になったり、幽体離脱したり、になったり、さらにビランに遭ってと、盛り沢山を経てからでした。全く物分かりの悪いことでした。

死が休息=眠りであるというのは、興味深いことです。春水先生が眠りは一日一回、涅槃に入ることを許される時間だと、おっしゃっていた意味がはっきりします。眠りは意識の整理整頓、潜在意識のお掃除など、さまざまに言われますが、涅槃つまりあの世へ行って学ぶ時間です。夢としてその紀行をを覚えていることもありますし、この世のニュアンスでは捉えきれない事柄についても、教えてもらっているそうなので、眠りがただの生理現象ではないことに、もっと留意するべきなんですね。

関連記事一覧

  1. 笑う唇
  2. 笑う骸骨先生
  3. ご先祖たち
  4. 烏賊の目玉
  5. 妖精殺し
  6. 降り注ぐ光

コメント

    • 松本 涼
    • 2020年 4月 19日 7:29am

    眠るということは休むというよりもう一つの世界を生きる。
    そんな風に感じています。
    目が覚めた後は結果的に充電されている。
    すばらしいです。

  1. 最近は大切な睡眠時間を削ってしまうんですよね。ついブログやお絵描きに夢中になって。
    それでも世間に言われるとおり、だんだん、眠らなくていいし、食べなくても平気になってくる。
    あの、お腹は空くし眠いしの日々がウソのよう。なので、眠ることの質も変化してきている。
    食べることもそう。だんだんこの世のしがらみから解放されていく。これ、楽しみですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. blue-of-the-hydrangea

    2022.06.21

    アジサイの青
  2. 月のエッセンス
  3. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  4. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  5. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
Banner
PAGE TOP