Blog いんぱるぱぶれ

幽体離脱2

アストラル体・中

幽体離脱2

空の上にいた時、自分は一人なんだと思った。人には親兄弟、友人その他がいるけれど、根本的には一人なんだ。そして自分は一人で生きていくんだと。

虚空の中にただ一人ある、あの感覚は10代の終わりに座禅を組んだ時、再び繰り返された。夜のお堂で闇の中にじっと座っていると、ふうっと肉体がなくなる感覚を得た。体がないけれど、自分は確かにここにいる。人間は身体じゃない意識だ、霊だ。何だか神の一撃をくらったように、魂の不滅という意味に気が付いた瞬間だった。

関連記事一覧

  1. 自己治癒
  2. 天国編
  3. 天使のヘソ
  4. 藪

  5. ヘアドネーション
  6. 空の下で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

最近の記事

  1. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  2. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  3. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
  4. petal

    2022.04.1

    花食う春
  5. かっこ悪い恋?
Banner
PAGE TOP