Blog いんぱるぱぶれ

幽体離脱1

アストラル体・小

幽体離脱1

退院した私は4歳になっていた。副腎皮質ホルモンを2年間投与された私は、4歳なのに35キロの肥満体になり、5センチほどの段差の上がり降りもできない体になっていた。体が不自由なせいか、ある朝、幽体離脱をした。家の上空にいたのをはっきり覚えている。このまま戻らなければ、私は自由だ。空は広く有り余るほどの自由がある。そう、私はこの世のしがらみから自由になりたかったのだ。どうしてかと言えば、家族になった人たちが嫌いだったから。しかし私は、この嫌いな人たちと家族になるために生まれてきたのだった。

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

関連記事一覧

  1. 笑う唇
  2. 足湯
  3. 波動修正
  4. ヴェール
  5. 藪

  6. 明滅する月灯り
2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. Oh!スピリット
  2. winking
  3. 本当はやりたくないこと
  4. きいろ金色

    2022.09.26

    きいろ金色
  5. 消える時
Banner
PAGE TOP