Blog Bilain Guilain

祈り

祈り

祈り

祈る手 祈り

来る台風(10号)が、ただの高気圧に変わりますように。私はここ2.3日、そう祈っている。このところずっと読んでいるヤコブス・ウォラギネの黄金伝説によれば、1700年くらい前、人々は、嵐や疫病を中空をかける悪霊の仕業と思っていた。疫病や自然災害が来ると、皇帝や教会が音頭を取って、みんな揃って断食をして、災害や疫病が去るように、何日も祈りながら町を練り歩き、その土地で殉教した聖人にご加護を祈ったら、たちどころに災難が去った。なんて話が、いくつも書いてある。

今、ご町内の皆様が、政府の音頭取りで、そろってやることと言ったら、ゴミ出しくらいだから、昔の人はずいぶん純情で熱心だ。そして、人々がこれだけ気をそろえて、良くなれかしと一心に祈ったら、もしかして本当に世の中は良くなっているのかもしれないと、思う。もちろん今、災害や疫病が悪霊の仕業だなんて言ったら、笑われるけど。

近年の凶暴な天気は、温暖化のせいだ。水害、熱波、山火事、害虫大発生と、影響は様々だ。そして去年から、疫病の流行が追い打ちをかける。昔の人たちが悪霊と言っていたのは、人々の想念のことだと言い変えれば、今も昔も、人の悪い想念が災いの一端を担っているのは、変わらぬ事実なんじゃないか? 

悪霊のもとをただすと、人の悪い想念が生み出したものを、そう呼んだにすぎないなら、事態は昔も今も変わっていないんじゃないか? 長らく積み重ねられてきた想念、潜在意識、何と呼ぼうと、わが身の事として、これらを浄化しましょう。それには「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」の四語を使って、自分の中の潜在意識をクリーニングします。なんていうのも最近、知った。(ホ・オポノポノのこと)

地球人たる我々は、利便性と自己満足ばかりを、あまりにも長らく追及したので今、分岐点に立たされているとしたら?仙骨伝道児のワタクシは、南先生のおっしゃる異常波動バランスから考えてみる。異常波動が長く続くと、突然死をすることがあると伺ったので、突然死した親族の後ろ姿を思い浮かべてみる。異常波動、それは自己虫の極みだ。だとしたらその真逆は、人の役に立つように、自分の創造性を発揮することではないか? ひらたく言えば、大きな意味での思いやりだ。愛だ!

火星の人々は、地球人ほど自己虫ではなかったので、とっくの昔に(700万年くらい前)次元上昇して、肉体次元の生活を卒業して、想念の世界(完全な智恵の領域)に入った。だから宇宙船の組み立てなども、想念の力で一瞬にしてできる。地球人(アタシ)が見た見たと、エキサイトする未確認飛行物体は、たいがい火星で造られている。想念の世界はスーパー科学なのだ。

UFO
UFO

これが現代の黄金伝説ならぬ、火星伝説だ。宇宙には、お先に昇華した人々がいるなら、地球人たるワタクシは、全く微々たる努力とはいえ、続けていこうと思うこと。

夏、エアコンを使わず、肉食、魚食をせず、乗り物を使わず、これら省エネに努め、木を育て、家の周りのお土をコンクリで覆わず、木と土があると涼しく温かい(コンクリは剥がした方がいいとは春水先生の伝)人の悪口を言わず聞かず、異常波動を正常波動に近づけるとは? と日々考え、異常性に気が付く安全装置が、人類の中で作動していることに感謝して、祈ります。

みんなで心やすらかに暮らせる666(ミロク)な未来が来ますように。正常波動(神よ、あなたを)を愛しています。アーメン。

(アーメンとは、確かにという意味)

Amen
Priere

関連記事一覧

  1. 烏賊の目玉
  2. みろく
  3. おとぎ話1
  4. ガブリエルの歌
  5. 守護霊たち
  6. 心霊写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

最近の記事

  1. クマの人形

    2020.09.24

    気にしない
  2. 空に浮かぶ
  3. Gloire du matin bleu

    2020.09.20

    朝の栄光
  4. 鳩の声

    2020.09.17

    鳩の声
  5. 死都
Banner
PAGE TOP