Blog いんぱるぱぶれ

月が見ている

月が見ている

月が見ている

月が見ている 月が見ている

月が見ている。と、言った方が本当なんじゃないか? 月を見ているのは自分なんだけど、お月様がこちらを見ている。私たちを見守っている。先日、月の凝視をやってみたら、そんな風に思えたのだ。

このところ、眼精疲労がまた戻ってきた。去年、眼鏡を作り替えたばかりなのに。遠視の私は目玉が凝ってしまう。困ったもんだ。月の凝視が、目の筋トレにならないか? そんな思い付きで満月の前後三日間、月の凝視にトライした。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

太陽凝視のことは知っていたのに、月の凝視に思い至らなかったなんて、どうしてだろう? 私はお日様より、お月様や星々から霊感を受けることが多かった。

たとえば、詩を書く宿題が出たときのこと。何を書いたものか思案投げ首。何か思いつかないかなぁと、夜に向かってフランス窓を開けた。外へ出ると空気が冷たかった。なんとなく星のにおいがした。はっとして空を見上げた。星が青白い手を振っていた。と、これがそのまま、詩の書きだしになって宿題完了。ときに私は中学生だった。 

さて、初めてトライした月の凝視。やり方なんて知らないから、当てずっぽうに、ただじっとお月様を見ていればいいのだろうと、やってみたら出来ない! えっ、どうして?! 月が眩しいハズないのに、目がショボショボして開けていられない。こんなことってあるんだろうか?!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

月が見ている そこで月光の下、必然的に目を閉じていることになった。何とか目を開けていようとしたけど出来ない。まるで目を閉じていなさい!とでも言うように。目を閉じていなさい?・・・そういえば、目を閉じていると、月の光が間近に感じられる。シャワーを浴びるみたいに光が私に降り注いでいる! 絶対そういう感じ。満月の光線は、こんなにもリアルなんだ。これが月の凝視、初日の出来事だった。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

遠隔治療の日、南先生に月の凝視をしたと報告した。先生から、我が家は家系的に目が弱いと伺っていたので、目を強くしたかった旨、お伝えした。太陽凝視、月の凝視の目的は、自分より高い波動を浴びて、精神性を高めて、魂の鍛錬すること。もちろん、簡単には行かないんだけど、とにかく目標はそういうことだから、精神と魂の波動が上がれば、身体の弱いところも修復される。と、行きたかったんだけど、月の凝視には、もっと深いメッセージが隠されていた。

それは南先生からの返信メールを通してやってきた。メールには、肉体の目ではなく「心の目」で物事を見ること。これを日常で身につけるのは、難しい面もあるけれど、自分で感覚を養うべし。要するに自分を無の境地にいざなうような感じだという。南先生はお若いころから、この無の境地に取り組んでいらしたそう。

物事に取り組むとき、自分が消えると神がお通りになる。そして全ては上手く行く。近所の修道院に通っていた頃、年の近いシスターと、よくそう話していたのを思い出す。ここに、無にいざなうヒントがないだろうか。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

月の凝視二日目からは、ちゃんと目を開けていられるようになった。けれども初日に目を閉じたまま得た、シャワーを浴びるように月光をリアルに感知したあの感覚。目で見るよりも、その方が月の波動をよく受信できるような気がしたんだけど、あそこに無の境地への入り口があったような?・・・と、体験を反芻している。

草むらに鈴虫の合唱が続く秋の夜長。5月と9月の満月には、地球にイエス(如来)が降りて来るウエサク祭(ベイサク祭とも言うらしい)が、ヒマラヤの山奥であるそうだから、東京の片隅にいるワタクシも、満月を見て心の平和、無の境地を、瞑想したい。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

月下の恋人たち。かのアニばらにおける有名シーンでありますが、放映当時は賛否両論飛び交って、この回の脚本を書いた杉江先生は、その年の秋ごろから行方不明になって、北海道の山中にて自死しておられたと、のちに知りました。

さらに年月は過ぎて、秘教学的に夜、野外で眠ることが推奨されていると、アリス・ベイリーの本で知って、杉江先生の主張であった「原作におけるお嬢様が下男を寝屋に引き入れたニュアンスの排除」は、素晴らしい演出だったのでは? 地上の愛をすごく理解していた素敵な女性だった杉江先生。死ぬことなかったのに、もったいないなぁ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

夜は潜在意識の時間帯。学生の頃、禅寺の本堂で夜っぴて座禅を組んだことがあって、夜のしじまに座り続けていたら、ふと身体の感覚が消えた。闇に浮かんでいる自分の思念、身体は消えたけれど、私はここに居る。あの感覚を得て、自分というものは意識なのだと、はっきり自覚するに至った。そして先祖や家族の死に遭遇して、人は死んでも魂はあの世で生き続けると知った。目を閉じて想う。夜の闇が人に教えているのは、何だろうと。

夜空の藍色は宇宙という永遠の色だから、夜空の下で和合を得た恋人たちは、どれほど深く愛に身を浸したことだろう。男は女を通して男であることを超え、女は男を通して女であることを超えて、永遠と一致する至福。・・・よかったねぇ💗

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

言わずもがな

ダンテとヴェルギリウスの扮装なのは

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. 腕をくるくる回す
  2. メビウス運動
  3. 3から6
  4. ドッペルゲンガー
  5. 笑う
  6. 水晶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. blue-of-the-hydrangea

    2022.06.21

    アジサイの青
  2. 月のエッセンス
  3. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  4. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  5. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
Banner
PAGE TOP