Blog いんぱるぱぶれ

過去生からの伝言

glam

過去生からの伝言

グラム 過去生からの伝言

右の人差し指が痛くなった。付け根の関節が赤くなって熱を持っている。これはどうしたことか? ビランになる前、左の人差し指の付け根が赤くなった。そのとき赤くなったのは、手の平側だったんだけど、一日ですぐに消えた。母がリウマチだったので自分も来たのかと思ったけれど違った。

これはピアノが原因だ。5歳から始めて10年続けた際、手が小さいのに関節が柔らかだったので、ぎゅうっと指と指の間を広げてオクターブを弾き続けていた負荷の修復が、今頃出たのだ。

私は母や祖母と違って、身を固くして緊張するタイプではないから、関節が固まることはなさそう。現世で何かが発症するには、心因性の原因がある。それから過去生での原因=因縁というのもあるだろう。

過去生というと、スピリチュアル系の番組やら占いやらで、一時すごく流行った。霊能の先生に観てもらったりして判ると思われがちだけど、必要があるなら、自分でも判る時がくる。もちろん、判らなくていい場合もある。そこにとらわれ過ぎてしまうと、前に進めなくなってしまうから。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

波動修正療法のおかげで、自分を取り巻く負のエネルギーが何であるか理解したら、流してい行くものだと解ったので、自分は比較的、過去生について知らされている方だと思う。ああ、そんなことがあったんだなぁと、流していくと、身体に出た痛みなど、早く解消されるようだ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

右の肘をよくぶつけて、じ~んと染み通るように痛くすることがあった。だから右肘には、何かあると思っていた。遠隔治療を受けたあと、目には見えないけど、蛇みたいなものが右肘から抜けて行ったことがあった。みぞおちから猫みたいなものが出て行ったから、ははぁ、今度は蛇かと思った。あの蛇、いったい何だったんだろう? そのあとも、何かと気になる右肘だったんだけど、ある時、南先生から、過去生で酷使した修正が出ていると教えて頂いた。そっか、あの蛇は過去生の疲れだったんだ。こういうことも判っちゃう。波動修正はすごいと思う。

自分は何かをやり始めると、没頭するタイプ。つい休みを入れないで、目いっぱいやってしまう。そして疲れを溜める。これは今生でもよくやっているなぁ。なので最近、きちんと休みを入れるように心がけている。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

過去生からの伝言である諸々の現象。身体に出る痛み、怪我、事故、心に浮かぶ想いの数々、自分を取り巻く想念を、ひとつひとつクリアして行く。そうしてスッキリさっぱりした自分は、いったいどんな風だろう? 楽しみだよネ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

グラムとはグラマーのことなり

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

過去からの伝言といえば、ファッションにおけるリバイバル。今の時代風に過去が甦るんだから、装いって生き物みたいに、いつも変化して行く。そこがセンスの見せ所。グラム・ファッションってイマイチよく分らなかったんだけど、それは自分に似合わないからで、似合う人が着れば面白かったんだ。グラマラスなロック・スターをお手本に。というわけで、グラムな装いの恋人たち。リキッドアイラインにホルターネックでキリッ💖 目が主張するときはルージュを控え目に♬

関連記事一覧

  1. 妖精殺し
  2. ステラとドストエフスキー
  3. お焚き上げ
  4. 恐怖と不安
  5. 怪我しちゃった
  6. 三つの体

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. ひよこ天使
  2. 真我
  3. 何やってるんだ?

    2021.10.5

    悪夢
  4. 満月の女

    2021.09.28

    魔性と無垢
  5. 月が見ている

    2021.09.19

    月が見ている
Banner
PAGE TOP