Blog いんぱるぱぶれ

ミツバチのささやき

ミツバチのささやき

ミツバチのささやき

祖母が亡くなったのは、2月14日だった。私は2月いっぱいを熱狂の中で過ごした。仕事をみっつ抱えていたせいもあるけれど、あれも一種、天国からのエールだったのかも知れない。

つづく3月を放心状態で過ごし、4月になると深々と寂しさが来た。その寂しさのフィルターの中で、銀座で個展をした。当時の私は全く自分の思い通りではないことばかりしていた。だから個展の出品作も付け焼刃みたいなもので、最悪だった。その雪辱に耐える修行のような生活だったかも知れない。

個展会場から帰宅する夜道を歩いていると、空に大きな満月がかかっていた。満月はいつになく優し気な桃色の光を放っていた。私の心は全く弱っていたのだ。そうして薔薇の中から薔薇が咲いたのを見終わると、5月の庭は花盛りだった。眺めが美しいほど、私の心は悲しくなった。そうして6月に、沙羅の花が咲いたのだった。

祖母が玄関先に双樹で植えた思い出の樹。早朝、地面に落ちた小さな白い花を箒で掃いていると、ミツバチの羽音が聞こえてきた。当時はミツバチが行方不明ということもなかったので、今年も沙羅の花にはミツバチが来ているのだと、思っていた。

夜明けの清い空気の中で、ミツバチたちは懸命に蜜を集めていた。その静かな羽音に耳を澄ますと、果樹の実る楽園(天国)の気配を、確かに感じた。ああ、全てはひとつだ。みんな一致して、神とつながっているのが本当だと思われて、私は箒にもたれて、しばしミツバチの羽音に聞き入っていた。言葉によらず、物によらず、なぜか私は慰められていた。

関連記事一覧

  1. 乙女
  2. 夜咄・その2
  3. アジサイ
  4. practice
  5. ろうそくの明かり
  6. 霊界にて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 夢の活用

    2020.12.1

    夢の活用
  2. 目を閉じて
  3. 三つの体
  4. 恐怖と不安
  5. ハーブティーとプロポリス
Banner
PAGE TOP