Blog Bilain Guilain

涙の谷 その2―乳房の瞑想

瞑想

涙の谷 その2―乳房の瞑想

瞑想 涙の谷 その2

乳房の瞑想

涙の谷・・・慈悲の美しい象徴。女性の乳房が美しいのは、この世に生まれてきた命を育む母性のエネルギーを秘めているから。そして乳房は、肉体から精神への扉でもある。

座禅にチャレンジした時、夜の闇に沈む道場で座り続けているうちに「身体がある」という感覚が消えて、自分が虚空にぽっかり浮かんでいる体験をした。あれが意識であり、全てを取り去っても消えない自分。自分てやっぱり肉体じゃなくて魂なんだという認識、なかなか貴重な体験だったんだけど、神の語る声はあまりに小さいと言われる現代、まったく儚くも、日常のよしなしごとに埋もれてしまう「魂」という認識。

しかし魂ばかりを重視するのも偏っていることなんだと、判ってきたこの頃なので、肉体を通して精神性へという道を辿るのに、涙の谷=乳房に意識を向けてみる。御霊(みたま)とは身と魂であり、身と魂は分かちがたく身魂(みたま)だと、つねに意識しないと、つい抜けてしまう。体と魂は別物だと長らく思い込んで生きてきたから。

乳房の瞑想を知ったのは、水晶に興味を持っていたころ、シバ神が奥さんに教えた瞑想というのを読んでからだった。乳房に溢れなさいというのが導きなんだけど、女性は乳房がポジティブで下がネガ、男性はその反対なので、男女ともにポジの方に意識を向けて、瞑想するのがこの世の至福に通じるということだった。

瞑想というと、何だか特別な感じがするけれど、座って、口をつぐんで、目をつぶる。これをまず5分、毎日、時間を決めてやってみると、感じがつかめる。何もしないで5分間座っている。日常の中でこういう状況って、あえて作らないとないよなぁと気が付く。要するに心静かに座って自分(内面)に集中すればいいんだけど、その時何か対象があると集中しやすい。私は水晶の結晶面をじっと見つめたり、目をつぶって石の冷たい感触から、その内部へ入るようにイメージしたりして、心を静める感覚をつかんだ。

座禅に行ったとき、和尚さんから、ひとーつ、ふたーつと、数を数えなさいと教えられたけど、数字に集中しすぎてちっとも助けにならなかったから、人それぞれ自分の方法を見つけるのが一番だ。その意味で身体感覚に集中する瞑想は、とてもやりやすいと、やってみて判った。

Meditation for Breast

乳房の瞑想は、衣服の上からでも、乳房にじかに触れる形でもいい。手のひらの真ん中を乳頭に当てて、手のひらの温かみに集中する。人肌の温かみ、これは癒しへの第一歩、乳房が温かい手のひらに包まれると、ほっとリラックスする。そのまま温かみに集中していると、自分がどんどん緩んでいく。緩んでいくこと、温かみに身をゆだねることを自分に許す。日常の中では自分に禁止していることが山ほどあるから、それらをほどいていく感じ。

温かみを感じる手のひらは、もちろん愛している人のものでもいい。温かみはThe power of loveなのがよく解かる。温かみを感じている乳房は自分。幸せな温かさ、この優しさが自分からあふれ出ていく。床や壁をたどって、天井に部屋に満ちていく。部屋からあふれて外へ、あの空へ広がって行く。広がって行く温かさは私だ。その広がりに身を任せる。そのまま、そのまま、身を任せる。

Meditation with Lovers
Meditation with Lovers

自分が広がって広がって空へ溶けていく。この自分がなくなる感じが、精神的なオーガズムとでもいえるだろうか。瞑想で得る癒し、至福、この感覚を経て、日常へ戻るとき、何かが以前とは違っている。キレない、おおらかな自分がそこにいる。これが乳房の瞑想の恵み。瞑想で得た優しい至福のひと時が、日々の中で癒しとなって続いていく。

関連記事一覧

  1. みろく
  2. 守護霊たち
  3. 祈り
  4. リラックス
  5. おとぎ話1
  6. 腕をくるくる回す

コメント

  1. アバター
    • 松本涼
    • 2020年 7月 11日

    乳房の瞑想。具体的でとてもよく理解できました。
    ぼくは小さい甲虫を見ている時、瞑想に近い感覚を得ているようです。

    • 玉野 モニカ

      そうそう、言い換えると修行って具体策。
      そこを通り過ぎて直接、高い波動と自分が開通するハズなの。
      涼さんは、小さい甲虫ですか・・・。
      昆虫に興味をお持ちなのも、見ていると、
      安らぐからなんですね。
      安らぎを得ると自分が復活する。
      そういう生き物って、自分にとって、何かなぁ?

  2. アバター
    • 松本涼
    • 2020年 7月 12日

    ルリハムシの光沢などに安らぎます。
    フェティッシュな感覚でもあるのですが、
    光方がぼくには強い影響を与えるようです。
    ちなみにイタドリにはイタドリハムシが来ます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 理解
  2. クマの人形

    2020.09.24

    気にしない
  3. 空に浮かぶ
  4. Gloire du matin bleu

    2020.09.20

    朝の栄光
  5. 鳩の声

    2020.09.17

    鳩の声
Banner
PAGE TOP