Blog いんぱるぱぶれ

セイレーン

セイレーン

セイレーン

セイレーン セイレーン

元旦に始まった地獄めぐりも天国へ辿りついたところなんですが、地獄と天国の間、罪を浄化をする煉獄で、印象的なエピソードがありました。ダンテが聖ルチアの助力を得て、地獄の最終圏から引き上げられて、煉獄の浜へ辿り着きます。そして煉獄めぐりが始まります。めぐりめぐって最後の圏に辿り着くと、セイレーン(人魚)の誘惑に合います。人魚姫のお話、子供のころ読んで、姫は王子様を殺さないから、王子様を本当に愛していたんだ。ロマンチックな悲しいお話だなぁ。空気の精になるって、どういうことだろう? なんて夢想したものですが、長ずるにつれ、人魚ってどうも悪役だなぁと知りました。

幽界行脚 ローム大霊に案内されて辿る「魂の幽霊界行脚」という本で、人魚の国を見学する話が書かれていますが、半分さかなで、半分人間・・・人魚って、猫子さんたちみたいな、人間になりたい(魂体を得たい)動物霊のひとつなんだろうなぁと、思いました。

猫子―人魚

私はあらゆるものに波動があることを日々学び中なので、スピリットたちのこともよく考えます。目に見えない世界も意思気(いしき)したいです。

人魚たち

さて、煉獄にいたセイレーンは、はじめダンテの前に、土気色の醜女として現れるのですが、ダンテが目を留めると、途端に生き生きとした誘惑者に変身します。ダンテがそこから目を離せなくなっていると、導者ヴェルギリウスが、彼女の胸元辺りを開いてみせると、セイレーンの腹から耐えがたい悪臭(おしゅう)が立ちのぼって、ダンテは目を覚まします。悪夢だったというわけですが、誘惑する側、される側、正体を暴く側、この三つ巴の関係がよく解りました。ダンテがこの誘惑にあったのは淫者たち圏。愛欲の罪よりも、高慢や嫉妬、憤怒の方が、重い罪なのでした。これは覚えておかなくちゃ。

人魚は男子もいる

関連記事一覧

  1. ろうそくの明かり
  2. 銀の紐
  3. ドッペルゲンガー
  4. 霊界にて
  5. 前世の顔
  6. 守護霊たち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 赤くなる

    2021.11.24

    その瞬間・1
  2. やばい!

    2021.11.8

    山頂より
  3. ひよこ天使
  4. 真我
  5. 何やってるんだ?

    2021.10.5

    悪夢
Banner
PAGE TOP