Blog いんぱるぱぶれ

夢を見た その2

独楽あそび

夢を見た その2

独楽 夢を見た その2

私は母のことを「ママ」と呼ぶのを6歳で止めた。子供番組を見ていたら、いつまでも、お母さんをママって言うのは恥ずかしいよねと、番組のおねえさんが言っているのを聞いて、それはそうだなぁと思った。当時はそんな風にテレビっ子だったのだ。今、ほとんどテレビを見ないので、あの頃を思うとなんだか不思議。

それで大人になってから、よその人がいい年をして、ママって呼んでいるのを聞くと、ふ~んママって言うんだこの人? なんてちょっと馬鹿にしていた。こういう風に人を馬鹿にしているときって、自分の心にひずみがあるんだと、薄々気が付いていたから、自分が夢の中であっけなく「ママッ!」と叫んだとき、ああ、やっぱりと観念した。それは、想念で建設した壮大な建築の夢を見た数日後のことだった。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ママと叫んだ夢

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

この青黒入道くんの夢を見たとき、ネガティブな過去が、抜けて行くところだと判った。死に至る病は絶望だから、自分で自分を死病へ追いやった私の絶望が、ついに抜けて行くのだと。波動修正療法の成果、やっとここまで、辿りついたんだ。私の本心は、母をママと呼んで甘えていたかったんだけど、自分には許されないことだったし、そこには家族への恨みもあったんだけど、もういいんだそんなこと!と、思えるところまで来た。そんなこと「どうでもいいんだ!」

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

独楽あそび
独楽あそび

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

この「どうでもでいい」は自分にとって呪文のコトバ。おざなりにするとか、ないがしろにするってことじゃない。いつまでもいつまでも、気にしすぎるトコロがあるので「どうでもいいんだ」と、自分で自分に呪文をかけると、どうやら普通になる。人並みになれる。メリーポピンズのスパカリフラジェリ…みたいな魔法のコトバ「どうでもいい!」

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

母をママって呼びたかった自分。絶望に押しつぶされて病気になった自分。こういう自分を、そのまま認める。こういう時が来ると、わだかまりやひずみは去っていく。遠隔治療のおかげだなぁと思う。自分一人では、ここまで来られなかったんだろうなぁと、思うのです。鬱病になったことが、仙骨との出会いだから、南先生がおっしゃるように、病気や負の出来事は、人生を考え直すチャンス。これは本当です。自分もその生き証人の一人です。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

仙骨球が勢いよく回っている独楽のようだと、ネガティブな波動を寄せ付けないで、人は心身ともに健康、正常波動で生きているってこと。自分の仙骨球はゆっくり回っているそうで、先週の調整時、仙骨の状態が潜在的なところで変化が出たとのこと。じつはメビウス運動をやり始めていました。南先生のご本(205ページ)でも紹介されているコンシス流の運動法。メビウスの輪が2次元から3次元、そしてさらに次元の変化を誘導していると思われるのです。と、いうわけで次回は「私のメビウス運動」についてご報告します。

関連記事一覧

  1. 天使の輪
  2. 天国編
  3. 藪

  4. ホクロ
  5. 剣と薔薇
  6. お茶の時間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. glam
  2. 反復

    2021.07.15

    反復
  3. 窓とかまきり

    2021.07.13

    カマキリ
  4. 妖精殺し

    2021.07.8

    妖精殺し
  5. 左から右

    2021.07.4

    Left to Right
Banner
PAGE TOP