Blog いんぱるぱぶれ

メンソレ

メンソレータム

メンソレ

メンソレータム メンソレ

ついに顔にもビランが出た。これは両手の接着剤の薬害とは少し違う気がしていた。背中、仙骨、脚、腕に、ぽつりぽつり出て、今度は顔。おととし、仙骨の周辺に出始めたとき、南先生から仙骨の周辺に炎症や傷ができるのは、過去生に起因すると、教えて頂いた。私の場合、一本気な性分が周りに迷惑だったことに起因するらしい。今生のわが身を振り返っても、なんだか判る気がした。

過去生の出来事は仙骨を通して具現化すると言う。そしてビランが、どこに、いつ出るかは自らの細胞が決めているそうだ。自分のカルマの解消のために、今ぞこの時のタイミングでビランは出るのだと、南先生の伝。自分も顔の赤い傷口に手をやりながら、このビラン、どこか進んだ印象だった。そう、修復作用が進んでいると、思えたのだ。

以前は、皮下の接着剤を出し切らなければと思っていたので、炎症を緩和するような薬を塗ることを、自分自身に禁じていた。ところがふと、子供の頃、信奉していた家庭薬メンソレータムを思い出した。蓋にナースの少女が描かれた懐かしの瓶を取り出して、顔に塗ってみると、なんかいい感じ。成長盛りの元気だった自分、鬱病以前の素朴だった頃を思い出した。イガイガ痛むビランの忌々しさの中で、自分はすっかり委縮していた。どうせ、まだまだこの痛みが続くんだからと、捨て鉢になっていた。全然そんなつもりはなかったのに、いつの間にかふてくされていたのだった。 もっと素直に、治ることを受け入れていいはずなのに。これじゃあ治りも遅くなるよなぁ。南先生も気持ちが前向きになれば、細胞の活動も活発になって、それだけ治りも早くなると、おっしゃっていたっけ。

この世では、木の葉が一枚、木から落ちるのも、人が生まれるのも、亡くなるのも、全て神のタイミングで起きている。細胞のやることに間違いないのは、日々の生活で実感している。ニキビひとつ、ビランひとつ、細胞の働きひとつも、カルマの解消できるタイミングで現れる。顔に現れた赤い傷口、こんなちっぽけな出来事も、宇宙の一瞬ごとに生まれ続ける大きなエネルギーの一部だったのだ。

関連記事一覧

  1. 本能とセクシュアリティー
  2. ロットバルトの羽ばたき
  3. 理解
  4. 藪

  5. 縁切りの図
  6. いつも

コメント

  1. アバター
    • 松本 涼
    • 2020年 3月 21日

    メンタム、今も家にあります。リップクリームもメンタムです。
    オロナイン軟膏にも時々お世話になっています。
    家庭薬は案外効いて、副作用も少ない気がします。
    先人の知恵かな?以前、解毒にドクダミのお茶を飲んだことがあります。
    漢方のジュウソウです。体質に合うものがみつかると楽に過ごせる気が。
    糜爛が快方に向かうよう祈っています。

  2. 玉野 モニカ

    涼さん!ご心配ありがとうございます。皮膚は時間かかると覚悟していますが、眉間は峠をこえました。
    メンソレとメンタムは兄弟分だそうですね。どちらも有効成分がユーカリ油。ユーカリはハーブの万能選手です。
    消炎、鎮痛、沈静、血流促進、消毒作用。コアラちゃんは抱っこしても匂わないのが有名ですから、
    デオドラント効果もあり。効くわけですね。今のご時世、消毒は大切です。
    家の近くは桜が咲き始めて、今日は暖かいですね、なんて挨拶して、
    のどかなものでパンデミックのこと、忘れそうです。
    のど元過ぎる一か月後がコワいなんて言ってます。そうそう、ドクダミも芽を出し始めました。
    じつはドクダミ野草茶を30年以上飲んでおります。そこに甜茶をプラスし始めて、もう十年以上たちましたか?
    花粉もひところより軽症になりました。このところ煎茶の水出しにも凝っています。植物はパワーは偉大です。
    マリア!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 三つの体
  2. 恐怖と不安
  3. ハーブティーとプロポリス
  4. 夏草の枯れるころ
  5. 虹

    2020.11.8

Banner
PAGE TOP