Blog いんぱるぱぶれ

沈黙

沈黙の中で

沈黙

silence 沈 黙

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

黙想の家で、黙想会に参加すると、一泊二日の間、沈黙の中で過ごす。廊下で誰かとすれ違っても、沈黙なので目礼さえしない。だから逆にその場の波動が伝わってくる。話しをするよりも直接的に、そこにいる人や状況が判る。もちろん、それを無視する。お互いさま応えないのだから。

与えられた部屋で、あるいは図書室や庭の木々の下で黙想する。黙想する人は、そこかしこにいる。そしてみんな沈黙している。

黙想する。神について考えるために。けれども私は、沈黙の意味、沈黙が語るもの、沈黙とは沈黙ではないことを体感していた。沈黙は話すことよりも、はるかにエネルギッシュに思われた。そのエネルギーは私を元気にするようだった。無駄話をすれば、気が晴れるだろう。憎らしい奴の悪口を言えば、すっきるするかもしれない。しかし沈黙の方が、はるかに効くところがあったのだ。

もし、誰かと二人でいて、何も語らず、何もせず、沈黙の中に佇んで、違和感がなければ、そこには調和がある。沈黙は高いオクターブの調和だった。

関連記事一覧

  1. 桜・夢想
  2. 赤くなる
  3. 白の守護天使
  4. 本読み
  5. しじま
  6. blue-of-the-hydrangea
2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. Oh!スピリット
  2. winking
  3. 本当はやりたくないこと
  4. きいろ金色

    2022.09.26

    きいろ金色
  5. 消える時
Banner
PAGE TOP