Blog いんぱるぱぶれ

沈黙

沈黙の中で

沈黙

silence 沈 黙

黙想の家で、黙想会に参加すると、一泊二日の間、沈黙の中で過ごす。廊下で誰かとすれ違っても、沈黙なので目礼さえしない。だから逆にその場の波動が伝わってくる。話しをするよりも直接的に、そこにいる人や状況が判る。もちろん、それを無視する。お互いさま応えないのだから。

与えられた部屋で、あるいは図書室や庭の木々の下で黙想する。黙想する人は、そこかしこにいる。そしてみんな沈黙している。

黙想する。神について考えるために。けれども私は、沈黙の意味、沈黙が語るもの、沈黙とは沈黙ではないことを体感していた。沈黙は話すことよりも、はるかにエネルギッシュに思われた。そのエネルギーは私を元気にするようだった。無駄話をすれば、気が晴れるだろう。憎らしい奴の悪口を言えば、すっきるするかもしれない。しかし沈黙の方が、はるかに効くところがあったのだ。

もし、誰かと二人でいて、何も語らず、何もせず、沈黙の中に佇んで、違和感がなければ、そこには調和がある。沈黙は高いオクターブの調和だった。

関連記事一覧

  1. 書架の悪魔
  2. おとぎ話1
  3. しじま
  4. 夢の活用
  5. 愛の部屋2
  6. 腕をくるくる回す

コメント

    • 松本 涼
    • 2020年 3月 14日

    沈黙から受けるエネルギー、情報には時に言葉以上であることは僕も感じます。
    数年前、岩島忠彦神父のクラスで黙想の家のことを教わりました。
    参加はしませんでしたが、黙想の重要性に気づく良い機会でした。
    言葉のない人、生命との関わりでも色々気づかされることが多いです。
    今回モニカさんからお話を伺えて嬉しく思いました。

  1. 涼さんも岩島神父様の講義、受講されたんですか?
    私も受講したことあります。
    神父様のHPには、遠藤周作の「沈黙」の随想がありました。
    スコセッシ監督が「最後の誘惑」のリベンジで「沈黙」にチャレンジしたイキサツでした。
    周作先生も、スコセッシ監督も20世紀の人だなぁと思います。
    沈黙のエネルギーを直接に生きている我々は今、21世紀に居る。
    新しい世紀における理解のスピードを、緩めてはいけませんね。

    • 松本 涼
    • 2020年 3月 22日

    岩島忠彦神父のキリスト教入門講座に2018年4月に参加しました。
    しかし、5月からは参加していません。
    岩島神父の講義はとても良かったです。
    講義の後は先輩たちと語り合いました。
    続けられたなかったのは残念ですが、意味のある時間を過ごせました。
    黙想の家での沈黙は体験したかったのですが、諦めました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. glam
  2. 反復

    2021.07.15

    反復
  3. 窓とかまきり

    2021.07.13

    カマキリ
  4. 妖精殺し

    2021.07.8

    妖精殺し
  5. 左から右

    2021.07.4

    Left to Right
Banner
PAGE TOP