Blog いんぱるぱぶれ

愛で癒す

愛で癒す

愛で癒す

愛で癒す 愛で癒す

「愛の部屋」に描いた絵を動画にまとめました。そうして考えていました。愛に傷ついたら、愛で癒す。これが人の辿る道なのだと。

「愛の部屋」で描きたかったのは、相思相愛こそ平和の基。素直に愛をかわす恋人たちを通して、自分なりに愛に傷ついた人の癒し、さらに描くことで自分も癒すことでした。

というのも、今までの人生の中で、私は愛に傷ついた人の話を聞きました。それも何人もの人から、何度も聞く機会がありました。とても個人的なことなので、誰にも言わずにいたことをふと口に出して、少しだけ重荷をおろしたようになる。そんな人たちの傍らで、私は黙って話しを聞きました。そうして、思い至ったのは、愛に傷ついたら、その傷を癒すのはやはり愛だということ。

ポール・エリュアールというフランスの詩人が、愛妻に先立たれたのち、生きながら埋葬されたような日々を過ごし、それを救ったのが男女の若い友人たち、そして再び愛にめぐりあい、愛することで心にうるおいを取り戻し、そして彼の詩の源泉もゆたかにあふれ出す。その軌跡をつづった文字通り「愛」という詩集を読んだとき「愛の部屋」の霊感を受けていました。

シュールレアリスムの薫陶をうけた人なので、難解ですが、あんまり判りやすいってのも、面白くないという気もするので、歯ごたえのある作品でした。人は愛に傷つき、愛に惑い、そして愛で癒される。愛を失った男が、若い男女の友人から癒される。そこに若い男性の存在もあったところが、なかなかミソです。人の中には二面性があるから、同性からの愛も受け入れて、失った空白をより密に満たすことができる。実人生の体験を背景にして作品に触れるなら、読者側の人生にも、作品の癒しが投影されて癒される。そこが芸術だったんですね。

傷ついた人の話を何度も聞いていたら、自分もどーんと思いものを背負ってしまったので、想念というのは本当にリアルなものです。波動療法のおかげをもって、今では人に同調しすぎないでいられるので、以前ほど、どーんがなくなりました。うまくかわせるようになったようです。これこそ大いなる癒しでした。

つづく

関連記事一覧

  1. 怪我しちゃった
  2. 夢の活用
  3. 心霊写真
  4. 死都
  5. 腕をくるくる回す
  6. 卵

コメント

    • 松本 涼
    • 2020年 8月 25日

    同調しすぎないこと、とても大事です。
    若い時はそれが中々できない。

    • そうですよね。
      20代の頃ってなんにでも熱狂しちゃう情熱と受難のpassion世代。
      でもその後、情熱がなくなるわけじゃないんですよね。
      今は狙いを定めてpassion!って感じ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 天使のヘソ

    2021.09.13

    天使のヘソ
  2. 3から6
  3. 前世の顔

    2021.08.23

    前世の顔
  4. lovers

    2021.08.14

    恋人たち
  5. モルグ
Banner
PAGE TOP