Blog いんぱるぱぶれ

空に溶ける

青空に溶ける

空に溶ける

見上げる 空に溶ける

青空の写真を撮って、そこに赤鉛筆ですっと線を引く。そういう作品を作っていますと、その人は言った。空に赤鉛筆で線? 見るとまるで空に傷をつけているよう。

引っかき傷
引っかき傷

なんだか解る気がした。空に赤い傷を描き込みながら、考えているんだ。人がみんな背負っているカルマについて。なぜならその人の顔半分は、肉が雪崩を起こしたようだったのだ

D.リンチ監督の映画「エレファントマン」で一躍有名になった皮膚と骨が突如、異常増殖する遺伝子疾患。21世紀になってアメリカの研究機関により、病名がプロテウス症候群と命名された。

 正直、その人と話し始めたときは、怖かった。けれどもその目は美しかった。ニヒルだけど澄んでいて、きらきら輝くひとつしかないその目を、私は信じた。

ビランの痛みに耐えていたら、ふと思い出した出来事だった。心の青空に、赤い傷を描き込みながら、自分の痛み、人類の痛み、惑星の痛みについて想う・・・苛立ちと心配から来る炎症の痛み。人類というグループが背負っている大きなカルマでもある。地球という惑星単位でも、カルマがあるという。

青空に溶ける 空に溶ける・・・そう、癒しが起きるとき、なんだかそんな感じがする。ハンマーで殴られるような頭痛から、母の手当てで立ち直ったときに得た感覚。自分がぐーんと引き上げられて、天へ舞い上がるような感じ。

その反対もあった。古美術店の仏壇の横に立っていたら、ひゅるるるっとヴォルテックス(渦巻)が降ってきて、私の周りを取り巻いた。えっ今のは何? 意味不明のまま数日後、ひどい目に遭った。普通に歩いていただけなのに、道端で捻挫して、そのまま仕事に行ったら、職場で貧血を起こして気絶してしまった。こんなこと初めてだったから、あの渦巻は地縛霊だったと解った。死者は人の足を借りて、生前の挨拶回りをすることがあるという。以来、上から降ってくるのは変なもの・・・異常波動かもしれないと、思うことにした。

白シャツを脱ぐ 空に解放されるような感じ。それは間違いなく癒しだ。正常波動への回帰。正常と異常、両方体験しておかないと、区別がつかないのだった。

関連記事一覧

  1. 縁切りの図
  2. ドッペルゲンガー
  3. 瞑想
  4. 剣に誓う
  5. オランダカイウ
  6. practice

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

アーカイブ

最近の記事

  1. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  2. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  3. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
  4. petal

    2022.04.1

    花食う春
  5. かっこ悪い恋?
Banner
PAGE TOP