Blog いんぱるぱぶれ

男と女

微風

男と女

男と女 男と女

本日、雛祭り。10年ぶりに、親子三代の雛人形を並べている。学生の頃、雛祭りの起源はオシラサマと言って白木の棒杭を並べて、豊穣を願ったのが始まりと聞いた。棒杭は男性のシンボルで、柳田邦夫先生のお弟子先生の講義だったから、民俗学的視点なのだろう。

棒杭が人型になり、身代わりに厄払いをする形に変じて、さらにカップルの最高峰の象徴として、天皇夫妻というスタイルになって、女の子が無事に成長して、お嫁に行きますようにと、願うお祭りになった。並んだ内裏雛たちを見ていると、なるほどなぁと思う。

LGBTなんて言われるこの頃だから、女の子は大きくなってお嫁に行きますようには、紋切型にも思えるんだけど、人々の男女の認識、その越し方を想えば、自然な成り行きだったろう。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

祖母は男ばかり4人続いたあとの末娘だったので、大きな段飾りが家にあったと言っていたけれど、戦争を通り越して、いま家にあるのは一対の土雛ひとつ。そしてこれが女三代の雛の中で、いちばんモダン! 内裏雛たちは、すまし顔をしていない。お互い見つめ合っているのだ。女雛のほうは少しうつむき加減にあら、あなたねとほほ笑んでいる。男雛の方も、おヒゲの下でかすかに笑みを返しいる。モボ・モガの大正ロマンだねぇ。心なしか女雛は、おばあちゃんの上目使いに似ているような気がするんだけど・・・。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

男雛・女雛
おばあちゃんの土雛

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

さて、このところビランの痛みに悩まされていたので、ちょっと小休止。幸い左手は沈静に向かい、右手のビランもピークを過ぎたところ。さて眠ろうとベッドに入って、ふと右手の甲に触れると、ガサガサチリチリ、まさに苛立ちの変化(へんげ)だ。もっとうるおいのある心で暮らさなくちゃと目を閉じる。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

毎月おついたちに、南先生の機関紙が発行される。今月NO.180には人が異常波動から身を護るにはどうすればいいかだった。20項目が挙げられていて、始めに精神的に安定する(物事に動じない)次に、心の乱れをなくし、心を整える。とあったので、これ、いちばん難しいですと言ったら、これは目標であり、いっぺんに達成できるものではありません。目標達成のために、誰もがいろんな経験を積むようになっています。焦りなど、どうしても見え隠れしますが、これも乗り越えていくしかありません。先人たちも、それを乗り越えてきていますと、ご返信を頂いた。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

男と女 椅子に座って考えているとき、目を閉じて、ふと意識が飛んで、現実を離れることがある。しがみついている感情レベルのもろもろを、この時手放しているようなのだ。もはや通り過ぎたのに、まだ引きずっている嫌な思い出の数々。ビランは嫌だった過去の亡霊だ。手放して通り過ぎよう。そこをやり過ごすのも理解の一助、今生の課題をクリアすることになる。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

きょうは雛のお祝い日にして新月。エーテル体に新しい波動をキャッチしよう。今年は心に余裕が出来たので、雛たちを飾って考えた。神は人を、男と女に創られたと。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

private version

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

愛を交わす恋人たち、男と女が和合の中で現実を手放す。そうして深い愛の世界に身を浸す。それから再び目を開けると、満たされた分だけ、少し現実は変わっていないだろうか? 満たされた欲求、うるおいのある心で。

満たされた欲求・・・癌は欲求が抑圧された病だという。男の方が女よりも、この抑圧に苦しんでいるのが現実で、欲求や感情表現を抑えつけることでは、問題の解決にはならない。適切に満ち足りる。ここを目標にしなければならない。アリス・ベイリーの『秘教治療・上』よりジュワルクール大師の言より。(モニカ多少意訳)

関連記事一覧

  1. 藪

  2. 祈り
  3. ゴキはエイリアンではない
  4. こっちを見てる
  5. Mother and child
  6. まなこ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

最近の記事

  1. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  2. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  3. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
  4. petal

    2022.04.1

    花食う春
  5. かっこ悪い恋?
Banner
PAGE TOP