Blog いんぱるぱぶれ

メビウス運動

メビウス運動

メビウス運動

メビウス運動 メビウス運動

歩いたりすると骨盤は、メビウスの動きをしていると教わったのは、仙骨の調整を始めた頃だった。女性と男性では回転方向が逆であると、S先生から伺った。S先生は仙骨マシーンと称して、腰かけると座面が∞の動きをする健康器具を開発しておられた。S先生のオフィスで治療を受けていた頃は、受付を済ますと、治療の前に仙骨マシーンに腰かけて、∞の動きでゆらゆらと揺れていたものだった。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

だから南先生のご本の中で、コンシス流の体操として、メビウスの動きで骨盤をゆらゆらさせる運動について読んだとき、ああ、あの仙骨マシーンの動きねと早合点した。そう、私の理解はそこで止まっていたのだ。

ところが、やってみたら全く違っていた! 南先生が器具に頼らないと、おっしゃる意味がよく解った。自分で動いてみると、これは運動のみならず、瞑想でもあったのだ。仙骨を意思気してメビウス状に揺れていると、いろんな想いが浮かんでくる。それを空を流れる雲を見るように流していく(ヴィッパサナー瞑想)に近い感じになってくる。ゆらゆらしていると、昔の思い出が浮かんでくる。こんなこと、まだ覚えてたんだ? というような子供頃に言ったこと、言われたこと、だいたい嫌なことだったりするので、自分でも驚いてしまう。

揺れていると、想念だけではなくて、身体のひきつっているところにも気が付く。まず左仙腸関節の詰まりが、左足の土踏まずの攣りと関係していたことを発見した。また、右大腿部の不調(5歳の時にマルク注射を受けた→骨髄の血液を採るために太い針を深く刺すので骨が傷つく→成長期、脚の骨が伸びるとき、脚全体がだるくなり微熱が出た→少し前まで、大腿部に痛みが出て脚が動かなくなったりした…これは改善作用だった)の修復についても意思気した。「過去に受けた損傷も波動修正療法で修復できる」と実感している。

メビウスの動きは、ひねりが入っていることで、2次元から3次元、さらにもっと霊妙な次元へと意識を導く運動なんじゃないか? 目をつぶってメビウスのゆらゆらに身をまかせていると、頭が空っぽになる。だいたいつまらないことばかり考えているので、空っぽになるというのは、目を覚ましていながら潜在意識と関われる貴重な体験だ。というわけで、このところ熱心に、メビウス運動に取り組んでいる。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

本当はもっとゆっくりゆれている

メビウス運動

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. 天使のヘソ
  2. ねえ
  3. 白の守護天使
  4. 前を向いて
  5. だから笑って
  6. 鳩の声

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 赤くなる

    2021.11.24

    その瞬間・1
  2. やばい!

    2021.11.8

    山頂より
  3. ひよこ天使
  4. 真我
  5. 何やってるんだ?

    2021.10.5

    悪夢
Banner
PAGE TOP