Blog いんぱるぱぶれ

死は死ではない1

暗闇から光へ

祖母の死

金色の光

祖母が4回目の卒中に倒れたのは、12月の28日ごろだった。それから一年半意識不明のまま、入院生活を送って、2月14日、月曜日に旅立った。朝、8時半ごろに病院から、呼吸がおかしくなってきたと電話が入った。家から病院までの道のりは徒歩20分くらいだったけれど、あんなに長く感じられた20分はない。病院に着きたくなかった。病院についたら、祖母は逝ってしまうだろうと、解っていたから。けれども一刻を争う道のりだった。祖母はICUにいた。もう駄目なんだと、ぼんやり思った。当時、私は締め切り仕事を抱えていて、もう3ヶ月も祖母を見舞っていなかったのだ。

薔薇と果樹園の香り

真夜中、原稿に向かっていると、ふと薔薇の香りが漂ってきた。家に花は活けていない。なのにどうして。思わず立ち上がって、ドアを開けた。夜の廊下は何事もない。いつもの通りだ。けれども、やっぱり薔薇の香りがする。次の日も、真夜中になると、匂いがした。今度は果樹園のようだった。その時はピンとこなかったけれど、今なら解る。天国が近づいたと、知らせが来ていたのだ。これは週末の出来事だった。

そうして週明け、私は祖母の死床の枕辺に立っていた。9時半だった。祖母の顔は安らかだった。私は祖母に話しかけた。「おばあちゃん、もう逝っちゃうの?」すると、祖母の額の上にふうっと金色の光が現れた。親指の先程の小さな光が。それからゆっくりと静かに、小さな光はしぼむように消えた。人が旅立つとき、オーラが金色に集まって消えていくことは、読んだことがあった。今のがそれ?私は心の中で叫んだ。今の見た?見た? そこには母と担当医のおじいさんがいた。誰も見た様子はない。あとで母に尋ねたけれど、やっぱり見ていなかった。

病院の霊安室から、祖母の体はストッレチャーに移された。それから霊柩車に格納されて、検体している大学病院へ走り去った。その時、死ぬときのことを心配するのはよそうと思った。人間、死ぬときはちゃんとお迎えが来る。目に見えないけれど守護霊さんたちがやってきて、きちんと守ってくれる。それが言葉とは違う次元で解った。金色の光を見せて頂いたのだから。

関連記事一覧

  1. モルグ
  2. Ma Mort
  3. 夜咄・その2
  4. 真夜中のカラス
  5. メランコリー
  6. 青年は全てを愛していた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. blue-of-the-hydrangea

    2022.06.21

    アジサイの青
  2. 月のエッセンス
  3. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  4. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  5. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
Banner
PAGE TOP