Blog いんぱるぱぶれ

闇を聴く

闇を聴く

闇を聴く

闇を聴く 闇を聴く

闇は闇ではないと書いてから4年。ロームさんのページを開くと「霊耳の開ける法」とある。どうしたら霊の声を聞くことができるのか? 腰かけて一番楽な姿勢で精神統一を試みる。すると最初に襲ってくるのは「闇」といわれるものであると、書いてあって驚く。耳を澄まし沈黙を聞くあのしんしんとしたものが、闇だったとは!

そういえば、どうして闇という字は、門構えの中に音なんだろうと思って『字訓⁂』を開いた。すると闇とは祈りを捧げた廟門の前、神の応答を待って、暗黒の中、神の音づれ(訪れ)を聴く意味とあって驚き! 2~3日の間、闇闇闇と思いつめていた。⁂(白川 静編 平凡社『字訓』P.742 )

「言」という字も、祝詞をとなえる、つまり祈りを発することを表した字と書いてあって、漢字って意味が深いんですね。

闇を聴く  霊耳の開ける法がどこに辿り着くかと言えば、霊感により真理を掴むこと。道のりは長いけど、一歩一歩進んで、日常の間口から、幽界→霊界→神界へ通ずる糸口を得られるか? さて、眠りの前の精神統一で闇を聴く、聴こうとする。するとなんだかプーンプーンと虫の飛ぶような音、それから何やら囁き声、それからそれから・・・眠ってしまって不明。

ハイゴさんの声を聞いたけど、聴こうと思って聴いたんじゃないからまだまだ、だよね。修行は続くよ、どこまでも。

関連記事一覧

  1. 20年の自殺
  2. practice
  3. 剣と薔薇
  4. 3から6
  5. キラとピカ
  6. 妖精殺し
2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 卵のヒビ

    2024.07.7

    卵のヒビ
  2. スズメバチの巣
  3. 紫陽花の日

    2024.06.16

    紫陽花の日
  4. 心で受ける

    2024.06.6

    心で受け取る
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP