Blog いんぱるぱぶれ

前世の修復

前世の修復

前世の修復

前世の修復

頭イナズマ 満月の三日前だった。イナズマの軽いのが来た。ずいぶん久しぶりだ。軽いイナズマは風邪のサインだったけど、今回のはちょっと違う気がしたので、痛みの中へ入ってよく観察してみた。

イナズマが走るのは必ず右側で、右の後頭骨と対応している仙骨の部分と言えば尾骨の左側、というのも、秋口から尾骨の辺りに小さな炎症が続いていたから、このイナズマは仙骨と共鳴している何かの作用かもしれない。

仙骨と人体

イナズマの正体は、首のコリから来る神経痛だと思うので、ホットパックで首の後ろを温めながら、首筋ストレッチをしてみれば、グーっと引っ張る首の奥がズーンとひびいた。痛いけどそのままストレッチ&戻すを繰り返していたら、あの猛烈に痛かった時のことが思い出された。

ハンマーで殴られるような頭痛 ハンマーで打たれるような痛み。本当に痛かったなぁ。母の手当てで、体全体が空(くう)に浮かぶような感覚を覚えた時から、回復に向かった・・・空(くう)に浮かぶ感覚。あれ、また来ないかなぁ。そうすれば、この、今のイナズマからも解放されるだろうのに。

母の手当
私は母の手当によって、ハンマー攻撃の頭痛から空へ解放されたのだった。

空(くう)になる。無になる。無になる。と、目をつぶって念じる。目をつぶったまま、正面に集中すると、あのウィーンと抜けて行く感じを呼び覚ますことができるはず・・・

ウィーンと伸びる

南先生は目でエネルギーを動かすと言っておられたから、目にはエネルギーを導く能力があるに違いない。

目をつぶって集中を続けていると、目の前にあの抜ける感覚が、ウィーンと広がった。感覚を保つようにしていると、頭の後ろ全体に抜け感が広がった。この調子!長くて10秒くらいなんだけど、空に浮かぶ感覚が続く。そのまま数分目を閉じて、目覚めたまま、眠るような感じに身をゆだねていると、それがふっと終わって目が覚めた。起きて首を動かしてみるとイナズマが遠ざかった気がする。この空になる集中を3回くらい繰り返したら、その日の夜には、ほとんどイナズマが来なくなっていた。

このイナズマ、以前はよく来ていたけれど「来なくなっていた」ということさえ忘れていたから、やっぱりこれは、波動修正のお陰なんだ。治療が終わったときは「無」の状態になっているという。治療を続けるうちに、エネルギー体のゴツゴツ感がなくなって、みぞおちから猫みたいなのが出て行って、今年でコンシス10年生。

みぞおちから猫

繰り返し出る症状の原因は、きっと遠い昔から来ていて、いま現在のワタクシという現象は、前世の修復をもしているのだと、感ずるようになったこと自体、不思議と言えば不思議?

関連記事一覧

  1. 泡風呂
  2. 家族
  3. mangaizm-pastelizm
  4. 独楽あそび
  5. Merci!
  6. 出ていく想念
2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 卵のヒビ

    2024.07.7

    卵のヒビ
  2. スズメバチの巣
  3. 紫陽花の日

    2024.06.16

    紫陽花の日
  4. 心で受ける

    2024.06.6

    心で受け取る
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP