Blog いんぱるぱぶれ

魔性と無垢

満月の女

魔性と無垢

白い月 魔性と無垢

◆ 月のファンタジー ◆

満月を見ていたら、一人の女が現れた。薄雲けむるヴェールの向こうから、こちらの様子を窺っている。

彼女の正体を見てやろう。私は雲のヴェールが晴れるのを待った。こちらの想いを知ってか知らずか、雲は渦巻き、月暈に赤い影。それは女の長い髪、月の周りで燃え上がる長い長い時の流れ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

月の光が青いですって? 中心は燃える薔薇色をしているのよ。夜の闇に身を浸して、あたしは恋のパッション、隠してる。

赤い流れが速度を増せば、夜のしじまが深くなる。

静寂。

月暈に火と燃える赤い髪。その恋情が飛び火して、こちらも内心熱くなる。これぞパッション、情熱と受難。

すると突然、雲が晴れた。

空に現る白い月。ぽっかり浮かぶ丸鏡。何をか映す白金のおもて。今や赤毛は消え去って、見えるは白い純潔の乙女。目を閉じて果てなき思索の憂い顔。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

5月と9月の満月には、あの世とこの世がつながる。ウエサク祭が祭られて、弥勒が欠けた椀から甘露を滴らせる。その一滴が21万に分かれて求道者たちの椀に注がれる。そのありがたい夜、満月を凝視すること2時間。魔性の女が、無垢の乙女に変貌した。汗出して月を見ていた。どこにこんな集中力があったのか、自分でも驚いた。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. 赤くなる
  2. 剥がれ落ちる猫

  3. 天使からの電話
  4. 剣と薔薇
  5. 鳩の声
  6. 荒療法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. blue-of-the-hydrangea

    2022.06.21

    アジサイの青
  2. 月のエッセンス
  3. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  4. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  5. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
Banner
PAGE TOP