Blog いんぱるぱぶれ

最初の異変

明滅する月灯り

最初の異変

どうして自分がこんな目に? そう思う時があるけれど、原因は必ず自分の中にある。そんなこと認めたくない。絶対に嫌だ。悪いのは・・・反発の激情が引けば、現実はやはりそうなのだ。ビランギランが私に知らしめたのは、まさにそこだった。因果応報、すべてはブーメランのように我に戻るなり。

小指が紫色に変化してしている図
小指が紫色に変化してしている図

突き指したわけでもないし、痛くも何ともない。だけどくっきり痣みたいになっているのはどうしてだろう?嫌な予感がした。皮下で何かが起こっているんだ。うすうす感じられたのは、これが炎症に違いないということ。それには祖母の昔語りに覚えがあった。

祖母が女学生だったとき、クラスに女学生だったとき、クラスにライ病だと噂のあった女の子がいた。手をつなぐと病気がうつると言って、みんなが彼女を遠巻きにした。だから祖母は、わざとぎっちり手をつないで彼女と遊んだ。ある時から、彼女は学校へ来なくなった。「もうそれっきり彼女とは会わなかったわ」と、祖母は言った。「きっとどこかへつれていかれちゃったのね」「その人、どんな風だったの?」と、私。「皮膚の下がね、何となく紫色をしていたわね。ほかは別になんでもないの。きれいな人だったのよ」

祖母が女学生だったのは、20世紀初頭、1920年代だ。皮膚の下が紫色という話を思い出しながら、私は痛くも痒くもなく、ただ静かに青ざめている自分の小指を見つめていた。

関連記事一覧

  1. Ma Mort
  2. 自己治癒
  3. リラックス
  4. 天使の輪
  5. 夜風
  6. いつも一緒に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. blue-of-the-hydrangea

    2022.06.21

    アジサイの青
  2. 月のエッセンス
  3. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  4. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  5. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
Banner
PAGE TOP