Blog いんぱるぱぶれ

あやまち

笑う唇

あやまち

単なる手荒れだと思っていたけれど、大変な認識不足だった。当時、医療機関で働いていた私は、消毒薬と接着剤を扱う現場にいた。それなのに、手袋をあまりしないまま、ほとんど素手で作業をしていたのだ。それがどういう結果を招くのか、全く考えもせずに。そうして二年半の間、少しずつ、少しずつ、私の両手は皮下に薬剤を吸収蓄積していたのだった。目に見えないところで何かが笑っていたのに、私は気が付かないでいた。

関連記事一覧

  1. ブタを殴る
  2. リラックス
  3. コンセント付き月灯り
  4. 縁切りの図
  5. パラパラと皮膚の粉が降る
  6. 続・忍耐は3で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

最近の記事

  1. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  2. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  3. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
  4. petal

    2022.04.1

    花食う春
  5. かっこ悪い恋?
Banner
PAGE TOP