Blog いんぱるぱぶれ

宇宙から直接

宇宙から直接

宇宙から直接

直接 宇宙から直接

置き去りにしたもの・・・精神的なものは絵に関すること。霊的なものは信仰に関することだと思っていた。けれどもそれらは私の中で、置き去りどころか日々、刷新されていた。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

怪我で動けないので情報集めしようと、久しぶりに教会関係の方たちに連絡した。すると所属教会の神父様は昨年9月にご帰天なさり、30年前、私に堅信を授けてくださったアルゼンチン人の神父様は10年前に還俗して、日本で3人の子持ちになっておられるという。司祭職全体の高齢化、若手不足によって今後、所属教会に主任司祭の赴任は無し。なんだかカトリックの衰退を感じて、ショックを受けた。ショックだったけれど、考えてみれば自分と宗教の関係も変化している。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

祖母や母の死を看取ったとき、人は何事にも頼らず、魂の力で旅立つと解った。生まれる時だって、そうなんだもんね。これは看取りから見せて頂いた私の実地体験だ。そして波動修正療法でも、波動を整えることで、魂がこの世を離れるときの推進力になり、行くべき方向が定まると教えて頂いた。今や自分は、宗教が定めた「形式」から、自由になれたように思う。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

三日月ブランコ

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

と、考えていたら、南先生からコンシスの機関誌がメールで届いた。今号は先月に引きつづき「高次元波動」と「低次元波動」のお話しで、太陽系の7つの惑星の波動は、七福神と対応しているという内容だった。

今回、職場が変わる時、お世話になった方は、もと音楽家の方だった。これは弁天様のお助けかも? なんて考えると楽しい。機関誌によると、弁財天は金星の波動と一致しているとのこと。インドでは水を神格化した女神様だそうで、なるほどアートは人の情緒(水のエレメント)と深く関わっている。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

私はアートやファッションといった現場を離れてから、自分の個人的なことについて話しをしなくなった。それでも自然に波動が引きあって、親しくなる人は、自分と趣味を同じくすることが多い。自分も以前と波動が変わって、穏やかになったからかも知れない。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

それから機関誌には、宇宙波動が根源的に大きく変化したので、これからの時代は七福神という中継点なしで、人類は直接、高次元波動を享受できるようになったそうだ。これは個人の霊格に応じてということだった。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

これからは直接受信

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

宗教の在り方が変化している。宇宙的波動(高次元波動)が中継点なしで私たちに届く。ケータイやネットが普及して、手元でいろんなことが判るようになったのも、直接受信の幕開けなのかも知れない。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. ありがとう!
  2. だから笑って
  3. 妖精殺し
  4. こっちを見てる
  5. 天使からの電話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. glam
  2. 反復

    2021.07.15

    反復
  3. 窓とかまきり

    2021.07.13

    カマキリ
  4. 妖精殺し

    2021.07.8

    妖精殺し
  5. 左から右

    2021.07.4

    Left to Right
Banner
PAGE TOP