Blog いんぱるぱぶれ

アジサイの日によせて

紫陽花断想

アジサイの日によせて

アジサイの日 アジサイの日によせて

明け方5時半、庭は昨夜の雨の名残りで湿っていた。草木は水を含んで、みんなどことなく水色をしている。足下の草むらに、キノメやシソの葉が小さく顔を出しているのを見つける。ふむふむ、これからシソ・ジュースが作れるな。冷菜に添える薬味もある。楽しみだなぁ。そして今日はアジサイの日、もうひと月ほど咲き続けている庭のアジサイたちに鋏を入れた。

今年は5月ごろから咲き始めていたので、アジサイの日まで持つかなと思ったけれど、今どきの流行りは、花をわざと切らないままにして、秋色アジサイを楽しんだりする・・・心配もなんのその。花は元気に今日まで咲き続けたのであった。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

青いアジサイは、とても濃い色になった。日を追って赤みを増して、ネイビーヴァイオレットなんて言い方があるかしら? そう夜の女王のドレスは、こんな色かもしれない。

白いアジサイたちは淡い水色に染まって、それから少しモーブを帯びて、物静かな乙女たちのよう。子供の頃、祖母の家にあった大きなアジサイの木は、たくさんの白い花をつけていたので、私は白いアジサイたちに親しみを感じるのだった。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

木の芽 切ったアジサイをカゴに入れて、家に入ったとたん、強い勢いで雨が降り始める。雨の前に仕事を終えてツイていた。さて、お守りアジサイを荼毘にふさなければ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

去年のアジサイの日から一年間、家の真南に吊り下げたお守りアジサイを降ろす。お皿の上にのせて、お線香で火をつける。すっかり干からびているアジサイはあっという間に燃え尽きる。ありがとう。お疲れでした。いつもなら天窓を開けて、煙を外へ出すところだけど、今は激しく雨が降っていて、それができない。それで煙は天井をつたって、家のかしこに燔祭の残り香を残す。匂いもお清めかも? そう思っているうちに雨があがって、朝が来ていた。

それから今度は、さっき切った青いアジサイを真南に吊るす。今日から一年どうぞよろしく。去年のアジサイの日は暑かったけど、今年はそんなに暑くない。雨降りで湿っているから、吊り下げたアジサイは、ゆっくり乾燥して行くだろう。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

天窓の外、夜空はすでに藍色だ。テーブルの上に飾ったアジサイは、夜の女王のドレス色。「ねぇねぇ、藍色って愛の色だって知ってた?」「えっ…?」アジサイに話しかけられた。

つづく→

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

紫陽花断想

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. アジサイ
  2. こっちを見てる
  3. ヒエラルキー
  4. 黒服
  5. びっくり顔
  6. Mother and child

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. ひよこ天使
  2. 真我
  3. 何やってるんだ?

    2021.10.5

    悪夢
  4. 満月の女

    2021.09.28

    魔性と無垢
  5. 月が見ている

    2021.09.19

    月が見ている
Banner
PAGE TOP