Blog いんぱるぱぶれ

剣と鏡 その2

鏡の中の私

剣と鏡 その2

sword-mirror 剣と鏡 その2

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

子供の頃、疑問に思っていたことが、ずいぶん経ってから判ったりする。あ、そう言うことだったのかと。神社のお社の中にあるご神体が鏡であると知ったときも、そうだった。どうして鏡なのか、周りの人に理由を聞いたけど、誰も知らなかった。お稲荷さんのときもそうだったけど、誰も知らない、解らないは、結構いいことだった。解かったときは、より印象が深くなるから。

当時、子供だった私は失礼にも、ご神体が鏡だなんて平凡だなぁと思っていた。全く解っていなかったのだ。昔は加工技術が素朴で、鏡面をぴかぴかにするのは大変なことだから、鏡は特別なアイテムだと思い至らなかった。それでも、天にましますと、熱心に祈っていた子供だったので、内面て何だろう? 内面、内面・・・と、かなり当てずっぽうに考えていた。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

アンドロジナスの頃

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

私は自分の顔を鏡で見ることができる(何も恥じることはない)という言い方が英語にあるそうで、これはまさに鏡を見ることが、内面を見つめることを意味している。自分について考える。今、自分は何を思っているのか? どうしてあの時、〇〇ちゃんとケンカしたのか? どうして〇〇さんにウソを言ったのか? ケンカやウソの原因はどこにあるのか?と、考えるのは、精神性の発達になる。物事には全て原因があるから。

いちばん身近で解りやすい例は、具合が悪くなることだ。病気になるには、原因がある。私はこの事実を仙骨調整の経験から学んでいるところだ。全てに原因がある。は、紛れもない事実。風邪をひく、頭痛が起きる。皮膚炎になる。糖尿になる。癌になる。軽いことから重いものまで、原因があって、そこには感情(想念)が影響している。ふと思い出す、頭にくること、悔しかったこと、恐怖、不安、悲しみ、これらにはその時々の想いがこもっている。その時々の怒り、不安、悲しみがある。だから、そんなこともあったなぁと、流して行くんですよと、遠隔治療の南先生にいつも言われている。

そんなこともあったなぁと、流す。つい、あの時は、ほんとに悔しかったわ!とか、思い出しても腹が立つ!と、なるんだけど、そうやらないようにして、流す。だいぶ、これが出来るようになってきたので、あんなに頭に来て、ブタを殴ったことも、今ではもう、思い出すこともなくなった。

神社のご神体である鏡が、内面に向かうお力であるとは、何を意味しているのか? どういう風に尊いことなのか?といえば、鏡を見る。自分の内面を見る。自分と向き合うことから逃げない。これは確かに、自分と世界を救う力を秘めている。ということだったのだ。

Me in the Mirror

関連記事一覧

  1. 小休止
  2. ホクロ
  3. 遠隔治療
  4. 静寂
  5. ロットバルトの羽ばたき
  6. 水晶
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. Oh!スピリット
  2. winking
  3. 本当はやりたくないこと
  4. きいろ金色

    2022.09.26

    きいろ金色
  5. 消える時
Banner
PAGE TOP