Blog いんぱるぱぶれ

箱に入れる

箱に入れる

箱に入れる

折からの寒風からか、ヒヨドリが一羽、外階段の一段目でこと切れていた。仰向けで、つつましく目を閉じて。紙の箱を用意して、古タオルを切って敷く。亡骸をそこへ入れて、タオルでくるんで見えなくする。そうして庭に埋めた。もし、埋めることができないような状況で、動物の亡骸を見かけたら、心の中で箱に入れることができる。つまり手刀で九字を切るのだ。これを教えてくださったのは、川井春水先生だ。手刀で井桁を描く。もちろん、心の中でもいいから。

関連記事一覧

  1. 愛してるよ
  2. サイトのガイド
  3. しじま
  4. 愛で癒す
  5. 書架の悪魔
  6. 空に浮かぶ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 闇を聴く

    2024.03.27

    闇を聴く
  2. 前世の修復

    2024.03.5

    前世の修復
  3. トルマリン湯

    2024.02.24

    トルマリン湯
  4. ハイゴ
  5. 愛と調和
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP