Blog いんぱるぱぶれ

箱に入れる

箱に入れる

箱に入れる

折からの寒風からか、ヒヨドリが一羽、外階段の一段目でこと切れていた。仰向けで、つつましく目を閉じて。紙の箱を用意して、古タオルを切って敷く。亡骸をそこへ入れて、タオルでくるんで見えなくする。そうして庭に埋めた。もし、埋めることができないような状況で、動物の亡骸を見かけたら、心の中で箱に入れることができる。つまり手刀で九字を切るのだ。これを教えてくださったのは、川井春水先生だ。手刀で井桁を描く。もちろん、心の中でもいいから。

関連記事一覧

  1. ゴキはエイリアンではない
  2. マリアマリア!
  3. 梅幻想
  4. 涙の谷
  5. 死都
  6. 梅幻想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. blue-of-the-hydrangea

    2022.06.21

    アジサイの青
  2. 月のエッセンス
  3. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  4. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  5. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
Banner
PAGE TOP