Blog Bilain Guilain

本当に好きなもの

本当に好きなもの

本当好きなもの

Feather 本当に好きなもの

本当に好きなものが解らない。私はずいぶん長らく、そんな風に生きていた。嫌いなものを好きだと思い込もうとしていたのだ。なぜそんなことになったのかのかと言えば、家族が嫌いだったから。そんな自分の本心をねじ伏せようと、嫌いなものを好きだと思い込もうと努力した。この感覚は全てにおよんだ。好きでもない友達と付き合い、好きでもない部活に励み、家族が好きだというものを、何が何でも好きだと思い込んでいた。そうして本当に好きなことが解らなくなったのだ。こういう生き方は、鬱の原因になると、私は断言できる。

Praying Strange

自分の中には罪悪感があった。とても大切にしてもらっているのに、その人達を嫌いだったから、自分は悪い子供だと思った。けれども嫌悪の原因が長ずるにつれて解ったので、自分の気持ちに決着がついた。両親とそのまた両親の結婚は、男女の相性が悪かったのだ。春水先生が言っておられた。子供が生まれるとは、男と女が気を合わせることなんだと。和合に入るとはそう言うことなんだ。男と女の間に愛があればいいけれど、嫌悪がある場合、子供に嫌悪が伝わるのは当たり前だった。

両親、またその両親の和合が悪かったとしても、そういう星のもとにだって、子供は生まれる。転生する魂の方にとっては、この世で学ぶ課題の条件がマッチしていればいいのだ。親子というもの、家族、家系というものの呪縛が、自分の中で強くなりすぎていたにすぎない。マッチングの条件さえクリアすれば、じつはそれほど、重要ではないのが親子関係というものらしい。これはアリス・ベイリーがジュワルクール大師によって著した秘教学の本に書いてあったことだった。

思えば自分はあまりにも両親と疎遠なまま生きてきたので、親子って自分が思っているほど強いものじゃないんだと、納得した。両親やその両親たち、そして先祖たち。近視眼的呪縛から解放されて、客観的に見られるようになると、自分の中にも、尊敬の念がきちんとあることに気が付いた。家族はすでに老年になり、自分も中年になっていた。そうして今や自分以外、みなさん、あの世の住人だ。

罪悪感の曇りガラスを通して見ていた世界が去ってみると、嫌いなものは嫌いでいいし、好きなものを好きと言ってかまわない。こんな常識から自分が遠く、生きていたことが、今では不思議でならない。そんなこともあったなぁと、流して行こう。

関連記事一覧

  1. 涙の谷
  2. 怪我しちゃった
  3. 贅沢な時間
  4. floating
  5. ヒエラルキー
  6. こっちを見てる

コメント

  1. アバター
    • 松本 涼
    • 2020年 8月 11日

    自分が本当に好きなものがわからない時がモニカさんにあったというのは意外でした。
    そこには罪悪感があった。ムリをしていたということなのでしょうか。
    自由になって良かったと思います。

    • 玉野 モニカ

      ありがとう、涼さん!
      ちょっと、言い訳が長くなりますが・・・自分の中の「嫌い」を認めなかったから、
      本当の意味での「好き」に辿りついていなかったと、いいますか。
      嫌だなと思ったとき、でもそうしないと悪いからと、思ってしまう自分。
      義理立てばかりで、本心から行動しないんだから、結果として上手くいかない。
      自分だって苦しいのに、それをやめない。
      どうしてだろう?って考えた時、自分の本心を出すのを阻んでいるのは、罪悪感だと、気が付いたんです。
      自分を大事にしてくれている人たち(家族=女親たち)を嫌いだった→悪いなぁ、アタシっての罪悪感。
      人は罪びとであるという原罪の教えも、そこに拍車をかけていた。
      でも、気が付いたんです。
      好き嫌いなんかあって当たり前だと認めれば、家族が嫌いだって、どうということはないと。
      なぜなら、女親たちだって男親たちを嫌いだったんだから、当たり前。これが人間だと開き直り、
      原罪が本来教えようとしていたことは罪悪感ではなく、もっと広い意味で、
      全てをいいように備えてくださった神様にNo!って言ったところだと気が付けば、
      私がしがみついてきた罪悪感は私自身の「負の想念」そのもの。
      水泡に帰してよかったんだと、遅まきながら気が付いた次第。
      ここまで来るのに、何年かかったことやら。
      でも思うんです。死ぬ前に気が付いてよかったと・・・。
      気が付かなきゃ、来世でも、これ、やってましたよ、きっと。(×_×)(>△<)(ー_ー)
      自分はこれが好き!というチョイスを訓練してくれたのは、水晶たちでした。
      石には意思があるって本当で、本来の波動へ導いてくれました。Angelicな存在です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. クマの人形

    2020.09.24

    気にしない
  2. floating
  3. Gloire du matin bleu

    2020.09.20

    朝の栄光
  4. 鳩の声

    2020.09.17

    鳩の声
  5. 死都
Banner
PAGE TOP