Blog Bilain Guilain

剥がれ落ちる猫

みぞおちから猫

猫出るみぞおちから猫

毎週一回、遠隔治療を受け始めて間もなくのこと、治療後、横になったまま、うつらうつらしていると、みぞおちの辺りから、ペルシャ猫みたいなモシャモシャしたものが出て、床に落ちた。しかも二回。二匹というべきか? もちろん目には見えない。そういう感じがしたのだ。先生にお聞きしたら、治療を受けて波動が変わってくると、そこにいられなくなったものが、離れていくとのこと。出て行ってくれてありがとうの、ちょっと不思議な体験だった。

遠隔治療について詳しくはこちら www.wave-energy.jp/about/

私の遠隔治療は、毎週一回、決まった時間に先生のリーディングを受ける。仙骨を通して、エネルギー体の様子を診てもらうというもの。時間が来たら自分のベッドに横になる。治療が始まると伸びをしたり、凝っている肩をゴキゴキさせたりして、体を動かしたくなるので、すぐに判る。終了すると落ち着く。治療時間は当初、20~30分かかっていたけれど、今は10分をきることもある。波動が整ってくると5分位になるそうだ。

関連記事一覧

  1. リラックス
  2. 明滅する月灯り
  3. 青年は全てを愛していた
  4. 笑う骸骨先生
  5. ロットバルトの羽ばたき
  6. ブタを殴る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

最近の記事

  1. 笑う

    2020.07.10

    ピエロ
  2. 瞑想
  3. 小休止

    2020.06.29

    小休止
  4. 涙の谷
  5. 自己治癒

    2020.06.20

    自己治癒
Banner
PAGE TOP