Blog いんぱるぱぶれ

私が消えると神が・・・

消える時

私が消えると神が・・・

消える時 私が消えると神が・・・

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

私が消えると神がお通りになると、シスターとよく話をした。エゴイストな自分が消えると、見えてくるものがある。見えてきたヴィジョンのままに日常を過ごしていると、つんのめらず、結果として一番いいように進んでいく。それを神がお通りになると称していた。ところがエゴイストは、なかなか消えない。結果、神はお通りにならないで、私はつんのめっている。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

一時、Lean in(前のめり) なる言葉が流行った。女性たちも出世を目指してリーン・インしましょうと言うわけだったけど、ジェンダーギャップやフェミニズムの問題も、解決進展へ前のめりどころかつんのめって、本来の意図からそれていると思えてならない。先を急いでも、時が来ていないのなら何事も進まない。では、その時はいつ来るのかといえば、水瓶座の時代というのはみんなが次元上昇する時代で、アセンション出来ない人は今まで通りのまま、この現実に残るという。神の再臨みたいなことも、ずっと待たされていると思っているけれど、これって人の意識の変容ということなんじゃないか?と、思うこの頃。

だとしたら、まず個人の意識の変化があって、それがみんなになった時、大きな波動となってドーンと変わる。今まで通りのところに残った人々は、ソレと気づかずにこの現実を生きる・・・でもそれじゃ嫌だから、私はこの日常に隠されている秘密の入り口に辿り着きたい。さて、どうしたものか?

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

消える時 先週の遠隔治療の際、今までにない感覚を覚えた。仰向けに寝た姿勢で、治療を受けていたら、空が迫ってくるような感じがしたので、エネルギー体の外側に何か変化があったのかと思った次の瞬間、体全体が宙に浮いた感じがしたのだった。南先生に報告したら、霊体に修復が起こったのでしょうということだった。あの三秒に一回稲妻が走る大頭痛に見舞われた時、母の「お手当」で体が宙に舞い上がる感じがしたのは、霊体の修復だったのかと、ふたつの出来事がつながって、不思議の意味がはっきりした。

思えばあの頭痛以来、私は感情のもたらす弊害と向き合ってきたのではなかったか? 想念というもののリアルが解かったし、その弊害から解放されるプロセスを知った。記憶から浮かび上がる想いを、もう一度追体験する。これは精神のホメオパシーと言える。良くなるなるためにもう一度、ライトなレベルでかつての苦痛を味わう。軽いんだから逃げてはいけない。向きあって後ろへ流す。「みなさん、ここで想いに浸ってしまって、元の木阿弥になってしまう」とは南先生の伝。つい「ああ、あの時はホントに嫌だった。あいつが悪い、こいつが憎たらしい」と怒りや憎悪を蒸し返して悶々にハマってしまう。そうならないって自分に言い聞かせて、手放して行く。これを何度となく繰り返してきたわけで、今も繰り返している。

ブタを殴ったり、小役人と喧嘩したりと、感情の大波小波に揺さぶられてきた。今は嫌味な夫婦に出会っているけど、以前の自分みたいに腹が立たない。それは物事を見る視点が広がったからかもしれない。嫌味な夫婦の奥さんがある時、突然こう言った。「アタシは二度目、ダンナは三度なの」と。それで気が付いた。これは先祖の問題がやってきたのだと。我が家って二代続けて離婚しているから、先祖たちがクリアできていない問題を、地上にいる子孫も取り組まねばならないのだ。これは未解決の問題をクリアするチャンスなんだから、逃げてはいけない。

離婚と再婚を繰り返す男と女とは何だろう? 母と祖母は再婚していない。父と祖父は再婚している。父は再婚後、また離婚して独り身のまま、介護の仕事について、いい加減だった今までの人生をつぐなって行きたいと言っていた。男と女が協力して生きて行く気高さとは何か?あの世とこの世が一致して、未来に向かって、ヴィジョンを描かなくてはならないのだとしたら? これは機会を改めて取り組んでみたい。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

魂は、現世で受けた何事にも傷ついていないという。宇宙から降り注いでいる波動=正常波動を意識する。意識の中にない出来事は、人生の中に入って来られないというから、不幸なことばかり考えていると不幸になり、その反対なら言わずもがな。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ものごとって三つの様相があるなぁと。感情、精神、霊魂。スピリットにも三様相。アタシの感知するスピリットはやっぱりまだシッポがある。猫子さんたちだから、ミステリースクールで修行しないと行けない。私が消えると神がお通りになる。今、エゴはどこにいるのか? 次のステップは必ずやってくるから、今の問題をしっかりクリアしたい。

消える時

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. 髪を手繰る女
  2. 天と地
  3. 真夜中のカラス
  4. 剣と薔薇
  5. glam
  6. 乙女
2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. きいろ金色

    2022.09.26

    きいろ金色
  2. 消える時
  3. 肌であります

    2022.09.6

    肌であります
  4. 2022.08.30

    聖モニカの日
  5. 月光浴

    2022.08.22

    真夏の月光浴
Banner
PAGE TOP