Blog いんぱるぱぶれ

恋は雲の流れる速度で

恋は

恋は雲の流れる速度で

恋は 恋は雲の流れる速度で

流れゆく雲を眺めるように、自分を観察する瞑想があるそうだけど、子供のころなら、草に寝転んですぎゆく雲を眺めるって、きっと誰でもやっていた。ぽかんとからっぽになる時間、いつから忘れてしまったのだろう? 

ここ数年「一年の計は元旦にあり」とばかりに、啓示をうけていたけど、今年は大試練を賜っていた。生活を変えたくて四苦八苦。思えばこれ、もう二年くらい考えあぐねていたことだった。しかし全くヴィジョンが浮かばない。こういうときって、頑張っても駄目だってことが、よく解った。からっぽになる。するとちゃんと入ってくる。でも出来ないんだ。

結果として落ち着くところに落ち着いた感はある。天中殺も1月で抜ける。きっと4月辺りから何か新しいことになると、自分の深いところでは解っている。しかし焦燥感たるや、ひどいものだったし、追い打ちをかけるようにビランが悪化して、これホントに治るのか? なんて絶望しそうだった。ザムザから復活したんだから、治るに決まってると頭では判っているけど、痛めつけられると心が折れるんだ。え~い今日一日ガンバレ!なんて自分を励ましつつ、早二週間? まだひどいけど、ちょっとはマシになったかな。

手が痛い

以前はこういう症状の絵を描く気がしなかったけど、今年は何だか描ける気がした。もう慣れっこになった?

このビラン、今の時世をきっかけに 出てきているように感じます。 何かをきっかけにして出てくる 過去のカルマもありますから、 その時々の精神状態を 確認することも必要に思います。と、南先生にも言われたんだけど、これはカルマだね。何事につけ忍耐しなければならないことを、避けてきた自分。そういう今までの業。たぶん、ご先祖の分も背負っているのが人生なんだろうし。思えば去年もこうだった。顔に炎症が出て、花粉のせい?なんて、ひとに聞かれたっけ・・・。今年は手にも顔にも体にも出ている。頭皮の内側にもなんか出ている感じ。これは経験から言うと、内分泌腺が変化しているところ。5年に一度くらい、こういう時がある。そのうち治まるんだからと、自分に何度も言う。治癒って孤独な作業なんだから。

そうこうするうちに過去に描いた作品とご対面。「恋は雲の流れる速度で」を描いたのは、まだパステル画をやてっていたころ。当時の絵で絵葉書を数種類作って、個展やグループ展のときに売っていたんだけど、誰が持っていたのか? ヤフオクで十把一絡げで売られていていた。そうそう、こういう絵を描いていたんだねぇ・・・。

恋は雲の流れる速度で

彼女がひよこ天使の原型。パステルからフォトショ画に移行したのは必然だったかなぁ、なんて思うこのごろなのであります。全ては原子という粒の振動で出来ているから、顔料の粒子であるパステルは、描画にぴったり。パステルの粒子と画素って同じ路線だなぁと。

手がひどくならなかったら、きっとまだパステルの日々だったろう。フォトショ画でGIFにもめぐり逢えたし。その意味でビラン・ギランよ、ありがとう! されど、両手でサクリファイス。神よ、われら(アタシとご先祖)の罪を許したまえ。

日曜日
日曜日

こんな絵も描いていた。音楽を奏でる日曜日。気ままな中にも、演奏する緊張感と曲の世界に入っていく高揚感があって、心のオリを洗い流す。ピアノを弾いていたかつての日常を想いつつ、この黒髪の女性像が猫子さんたちへつながって行った。

しばらく続きそうだなぁ、過去の自分の作品めぐり。というわけで・・・

つづく

関連記事一覧

  1. 一致への闘い
  2. 天と地
  3. 眠れる恋人たち
  4. ガブリエルの歌
  5. 天使からの電話
  6. 妖精殺し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

最近の記事

  1. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  2. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  3. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
  4. petal

    2022.04.1

    花食う春
  5. かっこ悪い恋?
Banner
PAGE TOP