Blog いんぱるぱぶれ

ザムザ

ザムザ

ザムザ

ある朝、不穏な夢から覚めると、私の指は毒虫になっていた。指はどんどん悪化して、どう見てもこれは毒虫だというところまで行った。どす黒くはれ上がって熱を持ち、アカギレはシマ模様になり、皮膚は硬化してギブスのようになり、私は指を曲げることも、伸ばすこともできなくなってしまった。このまま骨まで腐ってボトッと落ちるんじゃないかとさえ思った。いっそボトリと落ちて、毒虫のように這いずって、どこかへ行ってくれないか?そんな幻想まで抱いた。なぜというに、ビラン・ギランは不眠不休。だから私に逃げ場はない。

関連記事一覧

  1. 縁切りの図
  2. アストラル体・小
  3. 今癒されて
  4. 青い目と緑の目
  5. 愛の煙草をふかしているギラン
  6. 鳩が歩く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

最近の記事

  1. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  2. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  3. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
  4. petal

    2022.04.1

    花食う春
  5. かっこ悪い恋?
Banner
PAGE TOP