Blog いんぱるぱぶれ

覚悟

笑う骸骨先生

覚悟

一刻も早く、ザムザ状態から逃れたかった。 けれども長丁場になるだろうと、うすうす感じていた。アトピー罹患者の闘病記を、いくつか読む機会があった。どの人も軽い手荒れから始まって、まじめに皮膚科に通って、ステロイド治療を続けて、10年かかって全身に広がっているというパターンだった。自分は皮膚科に通わないで、10年くらいかかって、仙骨の調整で、このザムザから生還するだろう、予感がした。グレゴールは虫のまま死んでしまったけれど、私は必ず人間に戻ってみせる。それには、皮下の薬剤が抜け切るまで耐えることだと、覚悟した。

関連記事一覧

  1. 笑う唇
  2. エーテルの玉
  3. 鳩が歩く

  4. プラスチック指
  5. 細胞のやること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

最近の記事

  1. 水晶球

    2022.05.6

    水晶球
  2. パロディーならぬコメディー

    2022.04.17

    満月とカルマ
  3. 舞い上がる天使

    2022.04.13

    想念放出
  4. petal

    2022.04.1

    花食う春
  5. かっこ悪い恋?
Banner
PAGE TOP