Blog いんぱるぱぶれ

パラパラと

パラパラと皮膚の粉が降る

パラパラと

とめどなく、とめどなくパラパラと、傷口の周辺からめくれた皮膚が落ちる。それこそ雨あられのように。こうして皮膚はいらないものを体外へ排出していく。皮膚は排泄器官だと、つくづく思う。一ミリでも多く早く、いらないものが剥がれてしまえば、ビランから解放される。私の生活は、手指から皮膚を掻き落とす以外の何ものでもなくなった。睡眠時間3時間で掻いていた日もあった。パラパラとゴミ箱へ掻き落とし続けた皮膚の粉を集めたら、一升瓶何本かになったに違いない。自分の中に、こんなにも多くのいらないものを、取り込んでいたとは!

関連記事一覧

  1. ロゼが好き
  2. 笑う唇
  3. エーテルの玉
  4. ブタを殴る
  5. 赤い点
  6. 明滅する月灯り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 夢の活用

    2020.12.1

    夢の活用
  2. 目を閉じて
  3. 三つの体
  4. 恐怖と不安
  5. ハーブティーとプロポリス
Banner
PAGE TOP