Blog いんぱるぱぶれ

こんもり深い緑

緑と赤

こんもり深い緑

こんもり深い緑

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

les-amoureux 炎天が続いている。緑が日に日に深みを増す。夏の梢は黒い。黒は木の中の水分の色。木々はたっぷりと水分を蓄えて梢を広げている。だから木陰に入るとあんなに涼しいんだ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

緑と赤  アルチュール・ランボーが詠っていた。ほらあそこ、深い緑の茂み、ふと牧神が顔を出し、赤い花をはんで呵々と笑い、消える。茂みは花を揺らしながら、またもとどおり午睡の中に沈む。

緑の中の赤い花。この季節、私が近所で見つけた赤と緑は、家々の庭先に咲く薔薇とゼラニウム、ザクロの花、区民農園で色づくトマト。赤と緑のコンビネーションは、自然界の最も強いコントラストをなしている。それが男女の性倒錯を和らげるヒーリングカラーであると(オーラソーマで)知ったのは、もうずいぶん前。その頃、倒錯と言われてもあまりピンとこなかったけれど、ジュワルクール大師によれば、倒錯はアトランティス時代、過剰なセクシュアリティーへの探求から始まったそう。男性の女性化が流行ると戦争が起きるとは、歴史からの教訓で、今や現実に戦争が起こっているから、みんなでよく考えなくては。人類はどこへ行こうとしているのか?

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

牧神はあらぶるスピリット。あらぶるって荒ぶるじゃなくて現ぶるがホント。スピリットたちは私たちの近くにいて何がホントのことなのか、教えたりはしないけれど、サジェストしている。正しい選択に辿り着くため、人類はすったもんだの只中にいる。

自然界が教えてくれた最強のコントラストを、人は正しく使い分けているトコロもある。緑のゴーサイン、そして危険だ止まれの赤。

炎天下、緑は深く黒を帯びる。黒=水のサジェストは、魂を活かし続ける命の水、人々の想念、そして現実社会における状況の流れを表しているんじゃないか? 人類の活動が神のハート(感情)の現れというなら、三界(霊・マインド・現実)での活動を通して、波動は植物・動物・鉱物界へと影響していく。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

こんもり深い緑色。牧神が食べたのは何の花だったろう? 私は黄色いパイナップルを食べながら考えている。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

抱擁する恋人たち

緑の茂みに咲く紅い薔薇。したたる緑が恋人たちの秘密を守る。不思議な時間を始めた当初の恋人たち。フォトショ画こと始めだったなぁ。一枚の絵にするのが手いっぱいだった。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

そこで今になって、ちょっと動かしてみると、あら不思議、楽し気。

前の絵は、二人とも少しだけ眉毛をしかめているの。悲恋だもんね。そこが素敵なんだけど。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. 愛してるよ
  2. 藪

  3. 心霊写真
  4. かっこ悪い恋?
  5. 舞い上がる天使
  6. 幼子イエス
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. Oh!スピリット
  2. winking
  3. 本当はやりたくないこと
  4. きいろ金色

    2022.09.26

    きいろ金色
  5. 消える時
Banner
PAGE TOP